キュートな顔立ちで大人気のヴィクシーモデルのテイラー・ヒルが、プロのメイクアップ・アーティストやヘアスタイリストから学んだ裏技の中から、もっともお気に入りのテク2つを紹介した。(フロントロウ編集部) 

 テイラー・ヒルは、ランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」の広告塔である“エンジェル”のひとりで、抜群のスタイルに愛らしいルックスで大人気。

画像: 愛されモデルのテイラー・ヒルが、プロから学んだ「裏技」2つ♡

 モデルの仕事を通してトップクラスのメイクアップ・アーティストやヘアスタイリストからメイクテクを学ぶことも多いけれど、なかでもお気に入りのメイクテクを2つシェアした。

1:ヘアドライヤーでアイラッシュカーラーを温める

 メイクアップ・アーティストから学んだ裏技でテイラーがお気に入りのメイクテクは、アイラッシュカーラーをドライヤーで温めてから、まつ毛をカールさせるというテク。

 テイラーは、温めたアイラッシュカーラーは、「あなたのまつ毛のためのカーリングアイロンのようになるの」と米メディアIntoTheGlossにコメント。

画像: 1:ヘアドライヤーでアイラッシュカーラーを温める

 ドライヤーを使ってアイラッシュカーラーを温めることで、まつ毛に熱が伝わりカールが上手に作れるという。テイラーは、カーラーが熱くなりすぎていないかチェックするために、目元にカーラーをあてる前に指で軽くタップして温度を確認するようアドバイスしている。

2:ポニーテールの髪の生え際にアイシャドウ

 ふたつめの、テイラーがお気に入りのプロの裏技は、髪の生え際をアイシャドウを使って塗りつぶすというテク。

画像: 2:ポニーテールの髪の生え際にアイシャドウ

 高い位置でポニーテールやお団子を作るヘアスタイルでは、髪を引っぱるようにしてひとつにまとめてスタイリングをするけれど、そんなときには、どうしても額のまわりの髪の量が薄く見えて、地肌がすけて見えることも。地肌が見えて髪が薄いように感じる部分には、髪色に近いアイシャドウをつけると、自然になじんで見えるのだそう。

 どちらも、普段のヘアメイクでいかせるテクだから、参考にしてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.