セレブを手掛けるメイクアップ・アーティストが、セレブのメイクをする際にいつも頼りにしているアイテム3つを紹介した。(フロントロウ編集部)

 完璧な仕上がりが求められ、かつ、撮影やレッドカーペット中に崩れないメイクの持ちも求められるセレブのメイク。このセレブのメイクをするにあたり、いつも使っている頼れるアイテムがあると、セレブを手掛けるメイクアップ・アーティストのジェームス・ヴィンセントが明かした。

1:セッティングスプレー

 まず、ジェームスが頼りにしているのは、メイクの仕上げに軽く吹きつけるだけでメイクをピタッと肌になじませて、美しい仕上がりを長時間キープできる「セッティングスプレー」。メイクの仕上げに使うだけでなく、乾燥を感じたときや、メイクの前などにも使うそう。

画像: 1:セッティングスプレー

 ジェームスは、まずメイクの前に肌を整えてリフレッシュさせるために「セッティングスプレー」を使うことをオススメ。「セッティングスプレーを使うことで肌を癒し、また保護することができる」と米メディアPureWowにコメント。そして、メイクの仕上げにも使う “2度使い”をすることで、スキンケアに役立てながらもメイクの仕上がりをキープさせることができるという。

2:保湿バーム

 ワセリンのようなしっかりとしたテクスチャーの保湿バームも、ジェームスがメイクをするうえで欠かせないアイテムの1つなのだそう。

画像: 2:保湿バーム

 ジェームズは、セレブにも愛用者が多い「Lucas' Papaw Ointment(ルーカス ポーポー クリーム)や、ローズバームなどいくつか愛用しているものがあるという。使い方について、「肌を癒したり、さらにはハイライトにするなど、あらゆる使い方ができる」とコメント。

 肌荒れした部分や唇のひび割れケアとして使ったり、目頭、頬骨などにつけることでナチュラルなハイライターとしても使えるという。さらには、眉ジェルやまつ毛のコンディショナーとしても使え、手放せないアイテムだそう。

3:まつ毛カーラー

 優秀なマスカラのおかげでビューラーは使わないという人もいるのでは? ジェームズは、「ビューラーは目をぱっちりとオープンさせて、見た目を輝かせることにおおいに役立つ」と話し、上手な使い方についても伝授。

画像: 3:まつ毛カーラー

 効果的なビューラーの使い方について、「多くの人は圧力をかけることでカールをつけようとするけれど、それは間違い。角度に気を配りながらビューラーを回転させ、脈を打つように段階的にプッシュしていくことで綺麗なカールが作れる」とアドバイス。

 この3つのなかで、まだ取り入れたことがないものがあればチェックしてみては。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.