テレビ映画『ディセンダント』に出演するソフィア・カーソンに向けて、ファンが自信をもつことを宣言するポジティブな運動が起きている。(フロントロウ編集部)

ソフィアのファン、自信をもつことを誓う

 日本でも9月13日にディズニーデラックスで最新作の先行配信を控え、秋にディズニー・チャンネルで放送を予定しているテレビ映画『ディセンダント』に出演するソフィア・カーソン。そんなソフィアのファンによって、“自分に自信をもつこと”を宣言する運動がツイッターで生まれている。

画像: ソフィアのファン、自信をもつことを誓う

 「#ConfidentForSofia(ソフィアに誓う自信)」というハッシュタグをツイッターで覗いてみると現れるのは、ソフィアのファンによる大量のセルフィー。なかには、ラッキーなことに実際にソフィアと対面したことがあるファンによる、ツーショット写真なども投稿されている。

 そんな写真に共通して綴られているのが、自信をもつことへの誓い。投稿しているファンは、ソフィアに対して「自信をもつことを教えてくれてありがとう」、「本来の自分自身を愛することを教えてくれてありがとう」などと心温まるメッセージを送っている。

「自信を誓う」キャンペーンの始まりは?

 じつはこの流れは今年5月にスタート。ソフィアのファンアカウントが、ソフィアへの恩返しとして何か活動がしたいと思い、ソフィアのファンになったおかげで自分に自信がもてたという思いを「#ConfidentForSofia」というハッシュタグと共にツイッターで共有するムーブメントを提案。これに多くのファンが賛同し、SNS上のトレンドに。ソフィアもこれに、丁寧に返信している。

 テレビ映画『ディセンダント』だけでなく、大ヒットドラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』のスピンオフ作品『プリティ・リトル・ライアーズ:ザ・パーフェクショニスツ/Pretty Little Liars: The Perfectionists(原題)』に出演し、さらには、シンガーとして映画『ライオン・キング』のサウンドトラックに参加するなど、エンタメ界で活躍するソフィア。その一方でソフィアは、ユニセフと協力し、教育の大切さや若い女の子たちの権利向上を訴え、さらにはチャリティイベントのWe Day(ウィー・デイ)でスピーチをするなど、精力的に慈善活動に参加している。

 そんな若者のお手本“ロールモデル”として支持を得ているソフィアの想いは、「#ConfidentForSofia」として、ファンにしっかりと受け継がれているよう。

 ソフィアが出演する『ディセンダント』シリーズ最新作『ディセンダント3』は、ディズニーデラックスで9月13日より先行配信。今秋ディズニー・チャンネルにて放送される。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.