自身でもコスメをプロデュースするジェシカ・アルバが、時短でかつしっかりつけられるマスカラのつけ方を披露した。(フロントロウ編集部)

 女優のジェシカ・アルバは3人の子供を持つ母親で、かつ8年前に立ち上げた環境にやさしい家庭用品を取り扱うブランド「オネスト・カンバニー(Honest Company)」、そこから派生させたコスメブランド「オネスト・ビューティ(Honest Beauty)」も大成功をおさめ、経営者として手腕を振るっている。

画像: 時短で美しいまつ毛メイクが完成!斬新なマスカラのつけ方とは?

 多忙な日々を送りながらも、セレブとして、かつコスメをプロデュースする立場として完璧なルックが求められるけれど、そんなジェシカが手早く美しくつけられるマスカラのつけ方を英VogueのYouTubeチャンネルで披露した。

まばたきをしてマスカラを美しくつける♡

 ジェシカといえば、長くてボリュームのあるまつ毛が目元をぱっちりと見せ、そのかわいらしい目元が印象的。さぞマスカラには時間をかけているかと思いきや、なんとものの数秒でマスカラを手早くつけてまつ毛メイクを完成させていた。

画像1: まばたきをしてマスカラを美しくつける♡

 その方法は、マスカラのブラシ部分を上まつ毛の少し下に固定させて、マスカラを動かすのではなく、自分の目を瞬きさせることでマスカラをつけるという斬新なもの。

 まず、ジェシカはまつ毛をアイラッシュカーラーでしっかりとカールアップさせるところからスタート。

 続いて、マスカラのブラシをまつ毛の根元近くに当てたら、目をパチッと瞬き。瞬きすることでマスカラのブラシがまつ毛の根元から毛先に向かってしっかりとからまり、マスカラ液が瞬時にたっぷりと均一にマスカラにオン。瞬きをすることで、適度な圧力をまつ毛の中央から毛先に向けて流れるようにかけることで、長くロングラッシュなまつ毛に仕上げている。

画像2: まばたきをしてマスカラを美しくつける♡

 そして、目のカーブにあわせて位置を変えながら、マスカラをまつ毛全体につけていき、全体を整えるために、まつ毛の毛先にちょんちょんとバランスを見ながらマスカラ液を足したら完成。

 わずか数秒で美しいまつ毛メイクが仕上がるこの方法について、ジェシカは「子供のころ、ママがメイクをしている様子を見て学んだの」と話している。

 メイクのなかでもまつ毛は重要なパートなのに、マスカラを美しくたっぷりつけるのは手間がかかってしまうもの。このジェシカのマスカラのつけ方で、美しく仕上がる時短メイクを手に入れてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.