季節も秋めいてきて、10月のハロウィンに向けてアイディアを巡らせ始めた人も多いのでは? 伝記映画ブームに押されて、2019年のハロウィンは伝説のシンガーのコスプレがまだまだアツい! なかでも大ヒット作となった、『ボヘミアン・ラプソディ』のフレディ・マーキュリーと、『ロケットマン』のエルトン・ジョンの仮装アイディアを大放出します。(フロントロウ編集部)

『ボヘミアン・ラプソディ』のクイーン

画像: 『ボヘミアン・ラプソディ』のクイーン

 クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの印象的な恰好である“白タンクトップ+ジーパン+スタッズのアームレット”は、ハロウィンにしやすい仮装。その時はぜひヒゲも忘れないで。

 もちろん女性だって、フレディの仮装をクールに着こなすことも。

 イエローのレザージャケットを白のタンクトップとパンツに合わせるだけでも、フレディ感は満載。

 1984年にリリースされたクイーンの楽曲「ブレイク・フリー (自由への旅立ち)」のミュージックビデオで、世間に衝撃を与えたフレディの女装も、仮装案のひとつ。女性の方は、美しくなりすぎないように注意。

 ちなみに、各楽曲での衣装にもこだわりがあったクイーンは、本人たちもハロウィンコスチュームのような恰好をしていたことも。

『ロケットマン』のエルトン・ジョン

画像: 『ロケットマン』のエルトン・ジョン

 ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズは、去年2018年のハロウィンでエルトン・ジョンの仮装を披露。

 ギラギラスタイルのエルトンのスタイルは、派手好きな女性にもオススメ。ギラギラなメガネ、ギラギラなスーツ、さらには肩に大きな羽を乗せちゃってハロウィンを楽しんで。

 ちびっこたちの仮装に悩むママパパにも、オススメのエルトンの仮装。

 個性的なサングラスさえ手に入れられれば、エルトンの仮装はほぼ完了。完璧を追い求める人は、派手なジャケットやハットでスタイルを完成させて。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.