『フレンズ』でモニカを演じたコートニー・コックスが発見したTシャツが、“悲しい”…。(フロントロウ編集部)

『フレンズ』愛の強いコートニー・コックス

 今なおファンの心に残るアメリカンドラマといえば、1994年から2004年まで放送された『フレンズ』。

画像: ⒸWARNER BROS TV / Album/Newscom

ⒸWARNER BROS TV / Album/Newscom

 そんな『フレンズ』で主要キャストのモニカを演じたコートニー・コックスは、今でも番組への愛は健在なよう。

 『フレンズ』のキャストがプリントされたTシャツを着用した姿をインスタグラムに公開したコートニーは、満面の笑み…、かと思いきや、なんとも冴えない表情。

 それもそのはず、Tシャツをよく見てみると…。

 そう、TシャツをVネックにするために、モニカの顔が半分に切られてしまっているから。

 「Vネックを作ろうとした時に、なんでもする人っているよね # 痛っ」とコメントを添えたコートニーは、モニカの方を指さして悲し気な表情を見せた。

 コートニーはたびたび「フレンズ愛」を見せており、今年3月にはふたたび『フレンズ』のロケ地を訪れていた。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.