マッチングアプリのティンダーで、1番右スワイプされている“ミスター・ティンダー”と呼ばれる男性が、ついに恋人を見つけたそう。(フロントロウ編集部)

マッチングアプリで人気を博した“Mr.ティンダー”

 マッチングアプリのティンダーといえば、話してみたい人の写真を右にスワイプし、相手も自分を右スワイプしたらマッチして話す機会が得られるというシンプルなシステムで人気を博し、2014年にはアクティブユーザー数が世界で5,000万人を越えた世界で最も有名なマッチングアプリ。

 そんなティンダーで、どんな人が1番人気なのかと気になったことがある人も多いはず。そんな疑問に答えるため、2017年に英Cosmopolitanがティンダーで1番“右スワイプ”されている13人を明らかにした。

 その1人であり、“Mr.Tinder”の異名を持つステファン・ピエール・トムリンは、ティンダーでなんと1万4,500人以上とマッチ。

 イギリス空軍の研修生だったこともあるステファンはパイロットの免許を持ち、現在はモデルやタレントとして活動している。

 そんな彼が、5年間のティンダー活動の末に、愛する人を見つけたという。ステファンの彼女は、イギリスで人気のオーディション番組『Xファクター』にシンガーソングライターとして出演したナターシャ・ブーン。

 ミスター・ティンダーとナターシャの出会いは当然ティンダー…、かと思いきや、共通の友人の紹介だとのこと。

 ナターシャはマッチングアプリを使ったことがないということで、ステファンがミスター・ティンダーというニックネームを持つことに当初は戸惑ったそうだけれど、ステファンの人に敬意を払う姿勢に心を奪われ、現在では彼との将来を考えているそう。

 ちなみにステファンはナターシャと知り合ってからというもの、その幸せを友人にも分けたいと多くの知人同士を紹介し、10組以上のカップルを成立させることに成功したという。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.