テニスの全米オープンを観戦するためにアメリカ・ニューヨークへ一時帰国した英王室のメーガン妃が、帰国早々、時差ボケを解消するために足を運んだ場所とは?(フロントロウ編集部)

NYのお気に入りスポットにお忍びで出現

 イギリス王室のヘンリー王子の妻で、結婚前は母国アメリカで女優として活躍していたメーガン妃が、先日、幕を閉じたテニスの全米オープンに出場していた親友でプロテニス選手のセリーナ・ウィリアムズの試合を観戦するために、アメリカに一時帰国。

画像: NYのお気に入りスポットにお忍びで出現

 そんなメーガン妃がアメリカに帰国早々、時差ボケを解消するためにお忍びでヨガスタジオを訪れていたことがわかった。

 米Peopleによると、メーガン妃が訪れたのはウェスト・ヴィレッジにあヨガスタジオ「MODO YOGA(モド・ヨガ)」で、メーガン妃は友人と一緒にホットヨガのクラスに飛び入り参加し、約60人の生徒とともにみっちりヨガのレッスンを受けたという。

画像: 独身時代の写真。

独身時代の写真。

 関係者の話では、「MODO YOGA」はメーガン妃の独身時代からの行きつけで、ニューヨークにいる時は、時間さえあればこのヨガ教室に通っていたそう。そのため今回はサプライズでのクラス受講だったが、見知った顔も多く、メーガン妃はつかの間のリラックスしたひと時を過ごすことができたようだ。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.