マーベル作品でスーパーヒーローのキャプテン・アメリカを長年演じてきた俳優のクリス・エヴァンスが、DC作品で新たにスーパーヒーローのバットマンを演じることが決定した俳優のロバート・パティンソンと対面。(フロントロウ編集部)

交わることのないスーパーヒーロー2人の夢のツーショットが実現

 MCU映画で長きにわたってスーパーヒーローのキャプテン・アメリカを演じてきたクリス・エヴァンスと、DCエクステンデッド・ユニバースから新たに制作される映画『The Batman(原題)』で主人公のスーパーヒーロー、バットマンを演じることが決まったロバート・パティンソンが、現在カナダで開催中のトロント国際映画祭(TIFF)で行われた米Entertainment Weekly主催のパーティーで対面を果たした。

 マーベルとDCという、本来であれば絶対に交わることのないスーパーヒーロー2人の夢のツーショットにファンも大興奮。「最高!」「まさに私が欲してた組み合わせ」といった感激するコメントが、写真を公開したEntertainment Weeklyの公式ツイッターに殺到した。

 ちなみに、クリスとロバートは、同日に別の会場で行われた米Hollywood Reporter主催のパーティーでも再びばったり遭遇。

画像: 左からタイカ・ワイティティ監督、クリス、ロバート。

左からタイカ・ワイティティ監督、クリス、ロバート。

 MCU映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』に続いて、続編でもメガホンを取るタイカ・ワイティティ監督を交えた3人で談笑する姿を激写された。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.