ニューヨークにある観光地のタイムズスクエアで、エルモの着ぐるみを着て14歳の少女と写真を撮っていた男が痴漢容疑で逮捕された。(フロントロウ編集部)

セサミストリートのエルモが痴漢

 アメリカのニューヨークにあるタイムズスクエアといえば、世界的に有名な繁華街として世界中から観光客が押し寄せる観光地。

 写真スポットとして人気のこの場所には、多くのストリートパフォーマーも登場する。

 そんなタイムズスクエアで、人気子供向け番組『セサミストリート』のエルモの着ぐるみを着て活動していた男が逮捕された。

画像: ⒸJIM HENSON PRODUCTIONS / Album/Newscom

ⒸJIM HENSON PRODUCTIONS / Album/Newscom

 54歳の男は、エルモと一緒に写真を撮りにきた14歳の少女の背中に触れていたが、その後お尻にまで手を伸ばし触ったとして、強制的な接触と、児童に対する有害な行動の容疑で逮捕された。

 事件には複数の目撃者がおり、検察側は約83万円の保釈金を求めたが、男は痴漢の容疑を否認。男の弁護士は、男性はコミュニティに強い結びつきがあるうえ前科もないと主張している。

 タイムズスクエアを統括するティモシー・トンプキンスは、同様の事件は頻発しているとして、「警察は出来ることはしてくれています。しかし、さらなる条例などの法整備が必要と考えており、市議会が現在調整中です」と話した。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.