アリアナ・グランデ、マイリー・サイラス、ラナ・デルレイという大人気女性シンガー3人が豪華コラボを果たした、映画『チャーリーズ・エンジェル』の楽曲「Don’t Call Me Angel(ドント・コール・ミー・エンジェル)」のMVの一部が公開。 (フロントロウ編集部)

MVのファーストルックが公開

 映画『チャーリーズ・エンジェル』のサウンドトラックに収録される、シンガーのアリアナ・グランデマイリー・サイラスラナ・デル・レイのコラボ曲「Don’t Call Me Angel(ドント・コール・ミー・エンジェル)」のMVのファーストルックがお披露目された。

 アリアナ、マイリー、ラナの3人は、まるで、ランジェリーブランド、ヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーのランウェイでモデルたちが装着する“天使の羽”のような、大きな黒い”天使の羽”を背負ってクールな表情でウォーキング。一瞬ながら“強くてカッコいい女性像”や“ガールパワー”と言ったキーワードを連想させる映像となっている。

 このファーストルック映像とともに、同楽曲の音源&MVの全編が米現地時間の9月13日に公開されることも告知。

 フロントロウでは、7月にロサンゼルスで行なわれた同MVの撮影の模様をお伝えしたが、一体どんな映像に仕上がっているのか、期待が高まる! 

画像: 映画『チャーリーズ・エンジェル』のアメリカ版ポスター。

映画『チャーリーズ・エンジェル』のアメリカ版ポスター。

 1970年にテレビシリーズとして誕生し、2000年にキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの3人が主演を務めて映画化され大ヒットした作品『チャーリーズ・エンジェルズ』を映画『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワート、映画『アラジン』のナオミ・スコット、そしてイギリス人若手女優エラ・バリンズカの3人を主役に迎えてリブートした新生『チャーリーズ・エンジェル』。

 同作は11月15日に米公開がスタート。アリアナは、同作のサウンドトラックの共同プロデューサーにも名を連ねている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.