Photo:ゲッティーイメージズ,スプラッシュ/アフロ
ケイティ・ペリーが婚約者のオーランド・ブルームと前妻のミランダ・カーの長男であるフリン君との交流がきっかけで、人として「成長できた」と語った。

ライフスタイルが激変

 シンガーのケイティ・ペリーが米人気トーク番組『エレンの部屋』に出演。

 婚約者で俳優のオーランド・ブルームとの結婚が間近だと言われる彼女は、オーランドについて「今まで出会った中でもっとも心優しい人」、「精神的にも、情緒的にも、肉体的にも励みになってる」とおノロケ発言を連発したが、彼女が感謝していると語ったのは、オーランドとの関係だけではなかった。

画像: ライフスタイルが激変

 ケイティは、オーランドと彼の前妻でモデルのミランダ・カーの長男で、現在8歳のフリン君も自身の生活にポジティブな影響をもたらしていると告白。

 フリン君という存在のおかげで、ライフスタイルが激変したというケイティは、「(フリン君と出かけるときは)朝7時半には家を出なくちゃならないの。8時15分には到着しなくちゃいけないし、遅刻は禁物。昔は11時前に起きることなんてなかったのに、夜も10時には寝るようになったわ」と、今ではすっかり“朝方人間”になったことを明かした。

画像: 2019年2月、フリン君と一緒にボウリングに出かけたケイティ&オーランド。

2019年2月、フリン君と一緒にボウリングに出かけたケイティ&オーランド。

 そんな自分の変化について「おかげで人として成長できたと思う。これが“大人”ってやつよね」と、しみじみと分析したケイティは、「私がいまだに子供みたいな格好をしてるのは、そんな成長に抵抗しようとしているからなのかもしれない」とおどけてみせた。

 オーランドと結婚したら、フリン君にとっては継母にあたる存在となるケイティは、オーランドの元妻ミランダとも良好な関係を築いており、家族ぐるみで仲良くしているよう。

 オーランドは、つい最近、トップモデルであるミランダを母に持ち、その再婚相手で継父にあたるエヴァン・シュピーゲルはSNSアプリのスナップチャットの創設者、そして俳優である自身の再婚相手となり、継母となるケイティはトップシンガーという特異な環境で育つフリン君のことを心配し、悪い影響が出ないように早いうちからセラピーを受けさせたいと冗談まじりに口にしていたが、ケイティの今回の発言から見るに、大人たちこそ、フリン君との交流から何かを学んでいるよう。

画像: フリン君の母ミランダ(右)とその夫でフリン君の継父にあたるエヴァン。

フリン君の母ミランダ(右)とその夫でフリン君の継父にあたるエヴァン。

 ちなみに、ケイティとオーランドは近い将来子供が欲しいと考えているようで、オーランドが子作りに励んでいることを明かしたばかり。

 フリン君にはすでにミランダとエヴァンの間に誕生した現在1歳の異父弟ハートくんがいるほか、ミランダがもうすぐエヴァンとの第2子を出産予定。ケイティとオーランドに子供が誕生した暁には、フリン君は、ある意味、“大家族”のお兄ちゃんとなる。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.