女優のデミ・ムーアが15歳で受けたレイプ被害や実母による売春強要を告白。毒親との壮絶な過去について語った。(フロントロウ編集部)

母に売春仕組まれ、年配男性にレイプされる

 9月24日に出版される自叙伝『Inside Out(原題)』のなかで、女優としてブレイクする以前の壮絶な幼少期や前夫で俳優のブルース・ウィリスとの結婚生活や、15歳年下の元夫アシュトン・カッチャーとの浮気癖や性癖、彼との子を6カ月で流産したことなど、これまで語ることのなかった闇を赤裸々に綴っているデミ・ムーア(56)。

画像: 前夫のアシュトン・カッチャーと。デミとアシュトンは2005年に結婚。年の差を超えたおしどり夫婦として人気を博したが、2013年に離婚した。

前夫のアシュトン・カッチャーと。デミとアシュトンは2005年に結婚。年の差を超えたおしどり夫婦として人気を博したが、2013年に離婚した。

 同著書の出版に先立ち、米情報番組『グッド・モーニング・アメリカ』とのインタビューに応じたデミは、10代の頃に経験した性的暴行被害について初告白した。

 アルコールに溺れ、放火や飲酒運転などで逮捕されたこともある母親と16歳で縁を切ったというデミ。

 インタビューアーを務めた有名女性ジャーナリストのダイアン・ソーヤーがナレーション内で明かしたところによると、デミの母親はまだ幼さの残るデミをバーに連れ出しては、男たちの注目を浴びるために利用していたという。

画像: デミの自伝本『Inside Out』

デミの自伝本『Inside Out』

 デミの自伝『Inside Out』には、当時15歳だったデミが、ある日自宅に戻ると、家の鍵を母親から預かったという年配の知人男性が立っていて、デミはその男に無理やりレイプされたというエピソードも記されている。

 デミが「あれはレイプであり、絶望的な裏切りでした」と振り返ったこの出来事については、行為が終わった後、男がデミに「母親に500ドルで売春させられるのはどんな気分だ? 」という残酷な問いを吐き捨てたことで、母親が娘の自分の売春を仕組んだという事実を知ったという衝撃的な内容も明かされている。

 ダイアンとのインタビューで、この件について「本当に母親に売られたと信じていますか? 」と尋ねられたデミは、言葉を詰まらせながら、「心の奥底では、そうではないと信じています。そんなに直接的な取引きではなかったはずです。それでも母が、男を家に招き入れ、私を危険な目に遭わせたことには変わりありません」と母の裏切りについて神妙な面持ちで語った。

画像: 母に売春仕組まれ、年配男性にレイプされる

 両親ともにアルコール依存という荒んだ家庭に育ったデミ。米Harper’s Bazzarとのインタビューでは、12歳の頃、母親が薬を服用して自殺を図り、父親と一緒に母の口から薬を掻き出して命を救ったという壮絶な体験も明かしている。

 16歳で親元を離れ、高校を中退してモデルとして活動し始めたデミは、未成年ながら年齢を偽ってアダルト誌に登場するなど、法律的にはアウトな下積みを経て、やがてハリウッドでチャンスを掴み、1981年にティーン向け映画『Choices(原題)』で女優デビュー。

 テレビドラマへの出演や映画での端役などをコツコツとこなし、着実にステップアップした彼女は、1990年公開の映画『ゴースト/ニューヨークの幻』でヒロインを演じ、一躍トップスターの仲間入りを果たした。

 その8年後、デミの母は他界。2人は、母が死ぬ前に再会する事ができたというが、デミは自分の子供時代は12歳で母の自殺を止めようとした時に終わったと「あれは人生観が変わる出来事だった」と話している。

悩みを抱えて相談を必要としている方へ
■性暴力被害ワンストップ支援センター
性犯罪・性被害についての各都道府県の相談窓口。
窓口のリストはコチラ
■女性の人権ホットライン
配偶者やパートナーからの暴力、職場でのセクハラやストーカー、イジメなど、女性の人権トラブルの相談を受けつける法務省の専用窓口。
0570-070-810(8:30~17:15)

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.