ゼットがケラーニとのコラボニューシングル「Good Thing」をリリースした。

超人気DJと歌姫のコラボシングル

 世界的DJで、プロデューサーとしても活躍するゼッドが、ケイティ・ペリーをヴォーカリストとして迎えたシングル「365」(読み方:スリー・シックス・ファイヴ)を今年2月に発表してから早7ヵ月。

 そんなゼッドが9月27日、グラミー賞ノミネートアーティストのケラーニを客演に迎えたシングル「Good Thing」をリリースした。

 ケラーニは、冒頭のスタッカートが印象的なメロディーが頭に残る新曲「Good Thing」で、「私は一人で大丈夫、他に誰も要らない。私の為に良いもの(good thing)を用意したよって言ってこないで。もう既に持っているから」という、自立した強い女性の心情を歌っている。なお、作詞・作曲は、ゼッドとケラーニを含む5名の作家によって手掛けられている。

画像: Zedd - Good Thing (with Kehlani) Official Audio www.youtube.com

Zedd - Good Thing (with Kehlani) Official Audio

www.youtube.com

ゼッド本人も興奮する出来!

 ゼッドは同シングルについて、「自分の楽曲に関してここまでエキサイトしたのは本当に久しぶり。『Good Thing』には、僕が影響を受けた音楽的要素が全て盛り込まれている。ポップス、ジャズ、エレクトロニック、あとソウル、様々な音楽的要素を含んでいるよ。“これまでの人生で僕が作ってきた、そして好きになった全ての音楽ジャンルの旅”的な1曲かな」とコメントしている。

 また、「今回のケラーニとのコラボは最高だったよ。彼女は信じられないほどの才能の持ち主だから、一緒にこの曲を作ることができて光栄だった」と続けた。
先日、「Good Thing」のミュージックビデオを撮影したというゼッドとケラーニ。果たしてどんなビデオになっているのか、MV公開に期待が高まる。

ゼッド&ケラーニ
「Good Thing」
配信中

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.