『ジョーカー』のホアキン・フェニックスが、伝説の俳優で兄のリヴァー・フェニックスが突然死した当日の思い出を明かした。(フロントロウ編集部)

ホアキンの目の前で突然死した兄リヴァー

 映画『ジョーカー』のホアキン・フェニックスは、どんな役柄もこなす演技派俳優。そんなホアキンの家族は、兄弟姉妹が全員俳優として活動。

 とくに兄のリヴァー・フェニックスは、アカデミー賞にノミネートされ、ヴェネツィア国際映画祭で男優賞を受賞したこともあるほど。しかし、1993年に23歳の若さで薬物による心不全により死去。セレブが多く訪れるハリウッドのナイトクラブThe Viper Roomで、当時19歳だった弟ホアキンの目の前で倒れて亡くなるという衝撃的な最期だった。

画像: ホアキンの目の前で突然死した兄リヴァー

 そんなリヴァーの最期から、今年で26年。ホアキンが、なんとリヴァーとの当日の思い出を明かした。

「正直に言うと、(The Viper Roomはリヴァーが)よく行ってる場所ではなかったと思う。本当に」

 米Vanity Fairにそう話始めたホアキンは、さらに、兄との当日の思い出を語った。

「(Viper Roomへ行くことは)兄がしたかったことではないと思う。兄はその直前に、自分が書いたいくつもの曲を僕に聴かせてくれていたんだよ」

 ホアキンとリヴァーは仲が良い兄弟だったことは有名。そんな兄と、兄の最後の日にも楽しい時間を過ごしていたことを明かしたホアキン。これまでリヴァーについてあまり多くを語ってこなかったホアキンだけれど、今年のトロント国際映画祭でもリヴァーに感謝の気持ちを述べるなど、最近では兄を懐かしむ発言を多くしている。(フロントロウ編集部)

 記事内の情報に一部誤りがあったため修正致しました。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.