エマ・ストーンやジェシー・アイゼンバーグなどが出演し、『ヴェノム』監督と『デッドプール』脚本家が参加した映画『ゾンビランド:ダブルタップ』の新予告が公開。(フロントロウ編集部)

“ゾンビ深まる季節”にぴったりの映画

 11月22日(金)から全国公開される映画『ゾンビランド:ダブルタップ』の新予告が、全世界一斉公開された。

(あらすじ)
2009年、爆発的なウィルス感染により地球上の人類がゾンビと化す中、4人の生存者であるコロンバス、タラハシー、ウィチタ、リトルロックは仲間と共に、明るく楽しく、支え合ったり裏切ったりしながら、かれこれ10年もゾンビ社会を生き抜いていた。
そう、生き残るための秘訣は――コロンバスが作り上げた「生き残るための32のルール」。
そして2019年、地球はさらに激しくゾンビ化し、ヤツらはパワーもスピードもレベルアップした“新種”として進化を遂げていた!どうやら同じく生き残ってきたギャル(ゾーイ・ドゥイッチ)も参戦し、“ルールさえ守れば何でもアリ!”な人たちが、武器を片手に激しく楽しくゾンビをなぎ倒していく!
新予告編の中ではところ変わって、とある映画の取材現場。インタビューを受けるのは、映画『ゴーストバスターズ』シリーズなどでお馴染みの大スター、ビル・マーレイ。
前作の映画『ゾンビランド』で××されてしまったはずの彼がなぜ…?取材で堂々と「クスリを買う金が欲しくて」と言いのけるマーレイ。彼の出演により、ゾンビランドはさらに謎に包まれる。

おなじみのメンバーで贈るゾンビランド

 映画『ゾンビランド:ダブルタップ』は、2009年に公開された映画『ゾンビランド』の続編。前作より、ゾンビはグレードアップしている。

画像1: おなじみのメンバーで贈るゾンビランド

 前作でコロンバスが作った「生き残るための32のルール」は今回も有効。新作を見る前に、「ルール1、有酸素運動」、「ルール2、二度撃ちして止めを刺せ」、「ルール3、トイレに用心」など、前作のおさらいをするのも面白いかも!

画像2: おなじみのメンバーで贈るゾンビランド

 キャストは、映画『ナチュラル・ボーン・キラーズ』やマーベル映画『ヴェノム』のウディ・ハレルソン、映画『ソーシャル・ネットワーク』や映画『グランド・イリュージョン』シリーズのジェシー・アイゼンバーグ、映画『サイン』や映画『リトル・ミス・サンシャイン』アビゲイル・ブレスリン、映画『ラ・ラ・ランド』でヴェネチア国際映画祭、ゴールデングローブ賞、アカデミー賞の主演女優賞をトリプル受賞したエマ・ストーンらが、前作に引き続き登場。

画像3: おなじみのメンバーで贈るゾンビランド

 また、監督は映画『ヴェノム』監督のルーベン・フライシャー、脚本には『デッドプール』のレット・リースなどが名を連ねる“超一流”のスタッフ陣。

 11月22日(金)より全国ロードショーとなる『ゾンビランド:ダブルタップ』で、秋を盛り上げよう!

『ゾンビランド:ダブルタップ』
11月22日(金)<ゾンビ深まる季節に>全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.