テイラー・スウィフトが友人セレブの飼い猫に長すぎる「あだ名」を命名。テイラーが大好きなドラマにちなんだ、覚えきれないほどロングなあだ名とは? (フロントロウ編集部)

友人セレブの猫を気に入りすぎて…

 大の猫好きで自身もメレディス、オリヴィア、ベンジャミン・バトンと名づけた3匹の猫を飼っているシンガーのテイラー・スウィフトが、同じく大の愛猫家の友人でNetflixの人気番組『クィアアイ』に美容担当として出演するヘアスタイリストのジョナサン・ヴァン・ネスの自宅を訪問。

画像: ジョナサン・ヴァン・ネス

ジョナサン・ヴァン・ネス

 ジョナサンがインスタグラムでテイラーと過ごした楽しいひと時の様子を収めた写真を公開した。

 じつは8月に、飼っていた猫のうちの1匹が高層マンションである自宅の窓から落下して亡くなるという悲しい事故に見舞われたジョナサン。その後、ジョナサンは、ペンシルバニア州の動物虐待防止協会の施設から2匹の子猫を保護し、家族の一員として迎え入れ、白猫をジュヌヴィエーヴ、ブラウンの猫をマチルダと名づけた。

 ジョナサン宅で猫たちと交流したテイラーは、とくにジュヌヴィエーヴを気に入ったよう。テイラーは、ジョナサンが投稿した写真へのコメントの中で、ジュヌヴィエーヴの気高さを象徴するようなこんなカッコいいニックネームを発表してファンたちを沸かせた。

「Genivieve of the House Van Ness, First of Her Name, the Unscratched, Queen of Meows and nose boops, Catleesi of the East River, Breaker of Wine Glasses, and Mother of hairballs
(ヴァン・ネス家のジュヌヴィエーヴ、姓は“完全無傷”、ニャーと鼻タッチの女王、イースト・リバー<※>のキャットリーシ、ワイングラスの破壊者、毛玉の母)」
※ニューヨーク市を流れる海峡イースト川のこと

 このあまりにも長い名前は、テイラーが大好きなドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で俳優のエミリア・クラークが演じた“ドラゴンの母”、“カリーシ”ことデナーリス・ターガリエンの超複雑なフルネームをパロディしたもの。

 『クィアアイ』への出演が決まる前、ウェブ配信されていた『ゲーム・オブ・スローンズ』の解説番組への出演が評判となり、一躍人気者となったことで知られる大の『ゲーム・オブ・スローンズ』マニアのジョナサンは、このテイラーのユーモア溢れるネーミングにおそらく大満足だったはず。

画像: エミリア・クラーク演じる『ゲーム・オブ・スローンズ』のデナ―リス・ターガリエン。

エミリア・クラーク演じる『ゲーム・オブ・スローンズ』のデナ―リス・ターガリエン。

 テイラーとジョナサンは、テイラーがこの夏リリースしたLGBTQ+アンセム「ユー・二ード・トゥ・カーム・ダウン(You Need to Calm Down)」に『クィアアイ』のメンバーと一緒に出演したことがきっかけで対面。大の猫好きという共通点で意気投合し、親交を深めたよう。

ジョナサンが公開した「ユー・二ード・トゥ・カーム・ダウン」MV撮影のオフショット。

 ジョナサンはテイラーとジュヌヴィエーヴのツーショットなどを公開した投稿に「昨夜、テイラーおばちゃまがジュヌヴィエーヴとほかの猫ちゃんたちに愛に来てくれたよ」とユーモアを交えた嬉しそうなコメントを添えていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.