米ディズニーが、ディズニーランドにある人気アトラクションを期間限定でアップグレードすることを発表した。(フロントロウ編集部)

映画公開に合わせて粋な計らい

 シリーズ完結編となる映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が12月20日(金)に全世界同時に公開されるのに合わせて、ディズニーランドにある『スター・ウォーズ』シリーズをテーマにした人気アトラクション「スター・ツアーズ ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」が、最新作に出てくるシーンを追加した特別バージョンに期間限定でアップグレードされることがわかった。

画像: 映画公開に合わせて粋な計らい

 米ウォルト・ディズニーによると、カリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランドと、フロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールドのハリウッドスタジオにある「スター・ツアーズ」の両方で、映画の公開日と同じ12月20日(金)から特別バージョンでの運行が開始される。

約2ヵ月後に公開が迫った映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の最終予告編。

 これまで2015年に映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が公開された際には「惑星ジャクー」、2017年に映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が公開された際には「塩の惑星クレイト」の映像が追加された経緯がある同アトラクション。今回は「ケフ・ビル(Kef Bir)」という名前の海に覆われた新たな衛星が映像に追加されることになるという。

 ちなみに、日本の東京ディズニーランドにある「スター・ツアーズ」でも、2019年12月20日(金)から2020年3月19日(木)までの期間限定で特別バージョンでの運行が予定されているので、乞うご期待!(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.