東京コミコン2019に、MCU映画『アベンジャーズ』シリーズでハルク/ブルース・バナーを演じたマーク・ラファロが登場することが決定した。(フロントロウ編集部)

ハルクがついに東京コミコンに

 毎年11月に行なわれる東京コミコンが今年も開催。2019年11月22日から11月24日まで開催される東京コミコン2019には、毎年有名セレブが登壇することで知られているが、今年はさらに豪華なステージになりそう。

 東京コミコン2019のために、映画『ハリー・ポッター』シリーズのロン役ルパート・グリント、そして『シャザム!』で主人公を演じたザッカリー・リーヴァイ の来日が決定している。

 そんななか、今回ゲスト発表の第3弾として、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)映画『アベンジャーズ』シリーズでハルクを演じたマーク・ラファロの来日が決定したことが発表された。

画像: ハルクがついに東京コミコンに

 23日(土)と24日(日)の2日間に会場に来場し、写真撮影会およびサイン会などが行なわれるという。

 MCUファンならご存知の通り、マークといえば“口が軽すぎる”ことで有名。情報公開厳禁の『アベンジャーズ』シリーズの公開前に、うっかりミスでとんでもないネタバレを全世界に放ったことがある、マーベル・スタジオにとっては要注意人物。

 ひょっとしたら東京コミコン2019の場でも、“極秘情報”を明かしてしまうかも…?(フロントロウ編集部)

※この記事は一部情報に誤りがあったため訂正致しました。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.