2012年に英国王室のエリザベス女王も参加したことで大注目されたロンドンオリンピック開会式。その際に、女王はある条件を出していたよう。(フロントロウ編集部)

いまだに語り継がれるロンドンオリンピック開会式

 1896年に始まり、多くの出来事を歴史に刻んできたオリンピック。2012年にイギリスのロンドンで開催された夏季オリンピックは、その開会式のセンスの良さでいまだに語り継がれている。

 なかでも、イギリス王であるエリザベス女王が、イギリスを代表する映画『007』シリーズのジェームズ・ボンドとともに空から会場に登場したことは、格式を重んじながらも、革新を生み出してきたイギリスらしいコラボレーションだと高く評価された。

 開会式に女王がジェームズ・ボンドと登場する。この案を、有名監督でありロンドンオリンピックの芸術監督を務めたダニー・ボイルが提示した時、エリザベス女王は5分で快諾したそう。

 しかしそれには、ある1つの条件が。

画像1: いまだに語り継がれるロンドンオリンピック開会式

 エリザベス女王の専属デザイナーであるアンジェラ・ケリーは、自身の著書『TheOther Side of the Coin: The Queen, the Dresser and the Wardrobe(原題)』のなかで、こう明かした。

「私が演技で話すシーンが欲しいかと聞くと、エリザベス女王は堂々とこう返事をしました。『もちろん、私はなにかを言わなければならないでしょう。だってジェームズ・ボンドは私を救いに来るのですから』」

 それを聞いたアンジェラは、女王のセリフは「こんばんは、ジェームズ」「こんばんは、ミスター・ボンド」のどちらが良いかと質問。エリザベス女王は“ミスター・ボンド”を好んだという。

画像2: いまだに語り継がれるロンドンオリンピック開会式

 アンジェラはすぐさまダニーに、エリザベス女王の意思を伝えに行ったそう。エリザベス女王が快諾という、監督にとって嬉しいニュースを聞いたときのダニーの様子は、このようなものだったそう。

「私が、女王のたった1つの条件は『こんばんは、ミスター・ボンド』というキメ台詞を言うことだと伝えたとき、彼は椅子から落ちそうになるほど驚いていました」

 女王が出演してくれるだけでも朗報なのに、なんとセリフまで要望されたダニー。嬉しい反面その責任はかなり重いものになったけれど、最終的なダニーの成功はご存知の通り。

 その成功の影には、エリザベス女王からのまさかの条件が隠されていた。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.