シリーズ最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』の公開を間近に控える俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーが、義理の息子になった俳優のクリス・プラットと、将来的に共演する可能性について言及した。(フロントロウ編集部)

“義理の息子”を大絶賛

 いよいよ11月8日(金)から日本公開がスタートする映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』に出演するアーノルド・シュワルツェネッガーが、自身にとって義理の息子にあたる人気俳優のクリス・プラットと将来的に共演する可能性を聞かれ、「あるかもね!(クリスと)そういう話をしたことはないけど、彼のことは俳優としてとても尊敬してる」と答えた。

画像: 左からキャサリン・シュワルツェネッガー、クリス・プラット、アーノルド・シュワルツェネッガー。

左からキャサリン・シュワルツェネッガー、クリス・プラット、アーノルド・シュワルツェネッガー。

 映画『ジュラシック・ワールド』や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの主演俳優として知られるクリスは、今年6月にアーノルドの愛娘キャサリン・シュワルツェネッガーと結婚。それによってアーノルドとクリスは義理の父子という間柄に。

 今回、クリスとの共演について“可能性アリ”と米ETのインタビューで語ったアーノルドは、俳優としてのクリスについて「とても熱心で、日々厳しいトレーニングを行なっている。なかなか良い体つきをしてるし、俳優としての才能もある」と大絶賛。

 さらに、「彼は本当に良い奴なんだ。(中略)彼は本当の意味でとても親切な人間で、娘にとって最高の相手だ」と続け、何より自身の大切な娘であるキャサリンにとって「良い夫」であることを高く評価した。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.