ショーン・メンデスが熱愛中の恋人カミラ・カベロと付き合い始めた「正確な日付」を暴露した。(フロントロウ編集部)

正式に恋人同士となったのは「あの日」

 10代の頃から友人として親しい関係にあり、デュエット曲「セニョリータ」での共演がきっかけで、今年の夏頃に交際に発展したシンガーのショーン・メンデスカミラ・カベロ

 熱愛発覚以来、世界中の至る所でイチャイチャする姿が目撃されながらも、しばらくの間は交際の事実を追求する質問をはぐらかし続けていた2人は、ショーンが21歳の誕生日を迎えた8月上旬頃に熱愛を宣言し、今ではファン公認の仲に。

 遠距離恋愛中のカップル専用のブレスレットなども活用しながら、お互いの忙しいスケジュールの合間を縫って、愛を育んでいるショーンとカミラだが、ツアー公演のために訪れたオーストラリアでのファンとの質疑応答中に、ショーンが、カミラと正式に交際をスタートさせた“日付”を明らかにした。

画像: 正式に恋人同士となったのは「あの日」

 あるファンから、「カミラとあなたは、結構前から交際してるってウワサがあるけど、実際には付き合い始めてどれくらい経つの?」と質問されたショーンは、「そんなに長く付き合ってるわけじゃないよ。正式に交際を始めたのは7月4日だもん」と正直に回答。

 アメリカでは独立記念日にあたる7月4日が2人の記念日だと告白した。

 フロントロウでも第一報をお伝えした、カミラとショーンの熱愛が発覚するきっかけとなった「手つなぎ写真」が撮影されたのは、7月3日の夜。

画像1: twitter.com
twitter.com
画像2: twitter.com
twitter.com
画像: サボテンの影に隠れて見えないものの、キスをしているように見える写真もあった。 twitter.com

サボテンの影に隠れて見えないものの、キスをしているように見える写真もあった。

twitter.com

 ショーンの今回の告白によると、この「手つなぎ写真」が撮影された時点では、カミラとは正式には交際をスタートさせていなかったということになるが…。

 写真が撮られた翌日4日、知人宅で行なわれた独立記念日のパーティーに連れ立って参加し、ラブラブな様子を見せていたショーンとカミラ。

画像: 独立記念日パーティーにて。 twitter.com

独立記念日パーティーにて。

twitter.com

 パーティー中に起きた何らかの出来事がきっかけで、“交際開始”に至ったのか、それともショーンの記憶が曖昧なのか、とにかく、ショーンとカミラが晴れて恋人同士となったのは、「2019年7月4日の独立記念日」ということらしい。

 これを知ったファンたちの間では、「記念日に合わせて『Fourth of July(7月4日)』っていうタイトルでコラボ曲を発表して欲しい」と再び2人のコラボを熱望する声が上がっている。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.