11月は男性の健康のために口ひげを生やそう。Movemberムーブメントが世界に広がっている。(フロントロウ編集部)

口ヒゲを生やす11月のMovember

 11月に街を見渡したら、口ひげを生やしている男性が多い気がする? それは、もしかしたらMovember(モーベンバー)の活動かもしれない。

画像1: 口ヒゲを生やす11月のMovember

 2003年にオーストラリアで始まったMovemberは、11月はヒゲを伸ばして、男性特有のガンや、男性のメンタルヘルスなどへの関心を高めようと呼びかけるムーブメント。Movemberの由来は、口ヒゲという意味のMo(モー)と、11月という意味のNovember(ノーベンバー)を合わせたもの。

 今年のMovemerで提案されているのは、口ヒゲを伸ばすこと、60kmを走る・歩くこと、友達を集めて何か楽しいことをすること。

画像2: 口ヒゲを生やす11月のMovember

 男性の身体にだけ存在する前立腺の細胞がガン化して異常増殖する疾患である前立腺がんは、世界的には男性がかかるガンの中で1番多い。日本でも、2020年には男性がかかるガンのなかで第2位の多さになると予想されている。

 また、世界では1時間に60人の男性が自殺しているという。Movemberの公式サイトでは今年、そんなデータに合わせて、口ひげを生やすだけでなく60キロを走る・歩くことも活動のひとつとして提案している。

 そして、チャリティ活動であるMovemberの活動を支えるのは寄付。今年の11月には、心の健康に不可欠な、友人と楽しく過ごす日の計画を立てて、その時にはMovemberについて話してみよう。

画像3: 口ヒゲを生やす11月のMovember

 Movemberの公式サイトでは、無料登録や募金受付のほかにも、“口ひげのデザインカタログ”や“1ヵ月のランニングカレンダー”など、Movember活動に使えるスタイリッシュで真面目なアイテムが無料でダウンロードできる。

こんな口ひげはいかが?

 とはいえ、Movemberの最大の特徴は口ひげを生やすこと。自分が生やしたい口ひげのイメージを決めて、ぜひ参加してみては?

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.