来日中の俳優アーノルド・シュワルツェネッガーが、良き友人でライバルでもある俳優のシルベスター・スタローンを陥れるために、わざと「最低の映画」に出演させた過去を暴露した。(フロントロウ編集部)

最低だと知ってて出演をすすめる

 いよいよ11月8日(金)からシリーズ最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』の公開がスタートする俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーが、80年代にライバルとしてしのぎを削りあっていた俳優のシルベスター・スタローンを陥れるために、わざと「最低の映画」に出演させた過去を、米人気トーク番組『Jimmy Kimmel Live(ジミー・キンメル・ライブ)』で明かした。

 アーノルドいわく、80年代は筋肉の“質”から、出演映画の興行成績、持っている武器の大きさ、さらに映画のなかで人を殺した人数やその殺し方まで、ありとあらゆることで比較されていたという2人。当然、アーノルドもシルベスターのことをライバルとして意識していたそうで、当時の2人はまさに「戦争の真っただ中」だったそう。

画像: 最低だと知ってて出演をすすめる

 そんなアーノルドに対し、番組司会者のジミー・キンメルが風のウワサで耳にした、「アーノルドがわざとシルベスターのことを“最低の映画”に出演させた」という話の真偽を問うと、アーノルドから「ほんとだよ。それも(戦いに勝つための)作戦のひとつだった」という衝撃の答えが返ってきた。

 なんでも最初にその“最低の映画”のオファーを受けたのはアーノルドだったが、台本を読んで「クソだ」と思ったアーノルドは丁重に出演をお断り。その後、同じ映画のオファーを受けたシルベスターから連絡を受けたアーノルドは、「出演を考えてる。素晴らしいアイディアだと思う」と思ってもないことをシルベスターに伝え、同様にアーノルドのことをライバル視していたシルベスターは、その言葉を聞いて即効で出演を決めたそう。

 “駄作になる”というアーノルドの直感は当たり、案の定、映画は彼の言葉を借りると「トイレに真っ逆さま」という散々な結果に終わった。

 ちなみに、シルベスターがアーノルドに騙されて出演してしまった作品は、1992年公開の映画『刑事ジョー ママにお手上げ(Stop! Or My Mom Will Shoot)』。気になる人はチェックしてみては?(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.