マライア・キャリーが人生で初めてクリスマスの名曲「恋人たちのクリスマス」をパフォーマンスした際の貴重な映像が公開! (フロントロウ編集部)

25年前の幻の映像が公開

 1994年のリリース以来、クリスマスシーズンが近づくと世界各国の音楽チャートに返り咲くシンガーのマライア・キャリーの名曲「恋人たちのクリスマス」。

 マライアの公式YouTubeチャンネルで公開されている同曲のオフィシャルMVの再生回数は6.1億回を超え、マライア本人も、もう数えきれないほどパフォーマンスを行っている「恋人たちのクリスマス」だが、彼女が生まれて初めてこの曲を観客たちの前で生演奏した際の模様は、これまで一般公開されてこなかった。

画像: 「恋人たちのクリスマス」が収録された1994年のアルバム『メリー・クリスマス(Merry Christmas)』。

「恋人たちのクリスマス」が収録された1994年のアルバム『メリー・クリスマス(Merry Christmas)』。

 そんな超貴重な映像が、同曲のリリースから25年を迎えた今年のクリスマスに先がけて公開! 

 当時まだ24歳だったマライアのフレッシュでキュートな姿や“7オクターブの歌声”を存分に活かしたパワフルな生歌は、まさに永久保存版といったファン必見のパフォーマンスとなっている。

 1994年の10月29日にリリースされた「恋人たちのクリスマス」だが、マライアが同曲を初披露したのは、CDの発売から1カ月以上が経った12月1日。

 ニューヨーク・マンハッタンにあるセント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂で行なわれたこのパフォーマンスで、マライアはゴスペルシンガーたちを従えて、圧巻のパフォーマンスとともにいまやホリデーシーズンに欠かせない名曲となった同曲をお披露目した。

 「恋人たちのクリスマス」は、今年のホリデーシーズンについに念願だった全米シングルチャート1位を獲得。それと同時に、マライアは今回「恋人たちのクリスマス」が1位になったことで、全米シングルチャートで1位を獲得した楽曲が合計19曲となり、ソロアーティストとしては最多記録を達成した。

 マライアは、今年の冬も「恋人たちのクリスマス」を筆頭とする数珠のクリスマスソングを携えて、北米をめぐる全11公演のツアーを敢行。25年前の初パフォーマンスの時とはひと味違う、熟練された歌声で観客たちを魅了している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.