Photo:ゲッティイメージズ、Instagram
人気アーティストのリゾがアメリカン・ミュージック・アワードに持ってきたバッグは、「何も入らない」と話題になったものだった。(フロントロウ編集部)

リゾのバッグに注目

 2020年2月に行なわれるグラミー賞では、8部門で最多ノミネートされているリゾが、アメリカン・ミュージック・アワードに登場。レッドカーペットでは、今年トレンドのネオンカラーが取り入れられたヴァレンティノ(Valentino)のラッフルドレスで登場。

画像1: リゾのバッグに注目

 ゴージャスなドレスで登場したリゾだけれど、なかでも目を引いたのは、リゾが持っているバッグ。そのバッグはリゾの手より小さい極小マイクロバッグ。こちらもヴァレンティノのもので、アクセサリー感覚で、指でつまむようにバッグを持ち、フォトシュートに参加した。

画像2: リゾのバッグに注目

 またAMAの会場内に入る前にもマイクロバッグを目立たせようと、腕を伸ばして多くの人にアピール。

画像3: リゾのバッグに注目

 さらにリゾのインスタグラムでは、マイクロバッグに関する投稿が多く、本人もかなりお気に入りのよう。

画像4: リゾのバッグに注目

 この極小マイクロバッグは、コレクションで発表されるとリアーナやケンダル・ジェンナー、ジジ・ハディッドといったトレンドセッターが持ち、何も入らない極小バッグとして人気に。2019年のトレンドをバッチリと抑えたリゾのレッドカーペットスタイルは大好評だった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.