映画『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレックが、映画『007』シリーズ最新作『ノー・タイム・トゥ・ダイ』の撮影中に、ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグとキスした件について、ダニエルが反応。(フロントロウ編集部)

ダニエル・クレイグ衝撃告白

 映画『ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、イギリスのスパイ映画シリーズ『007』最新作。

 俳優のダニエル・クレイグは過去5作品に渡って主役のジェームズ・ボンドを務め、世界中から「史上最高のボンド」とも評されるほどの人気を博している。

画像1: ダニエル・クレイグ衝撃告白

 シリーズ25作品目にあたる本作には、映画『ボヘミアン・ラプソディ』で第91回アカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックが悪役として参加することでも注目されている。

画像2: ダニエル・クレイグ衝撃告白

 そんなラミは2019年10月上旬に参加した米トーク番組『ザ・レイト・ショー』で、ダニエルとの撮影秘話を明かし話題となった。

 ラミの回想によると、『ノー・タイム・トゥ・ダイ』で非常に難しいシーンの撮影が見事成功した際、ダニエルと感動のあまり思わずキスしたそう

画像3: ダニエル・クレイグ衝撃告白

 ラミは、この時の様子について、「ダニエルが僕を掴んで、抱き上げてくれて…あれは僕からだったのか、彼からだったのか、どちらがきっかけを作ったのかわかならいけど、僕らはキスを交わしたよ」とコメント。

 続けて「僕は衝撃的すぎて呆然としてた…しばらく呼吸を置いて、辺りを見回して、『これって、僕もボンド・ガール(※)になれたってことでいいんだよね?』って言ったんだ」と明かした。

※『007』シリーズに登場するヒロイン。

 それに対し、2019年11月23日に同番組のゲストとして招待されたダニエルが反応。恍惚と話すラミの映像を見終えた後、「僕は主演級の男性全員にキスしてるさ」と呟き、「緊張をほぐせるかなと思って」と付け加えた。

画像4: ダニエル・クレイグ衝撃告白

 そんな撮影秘話がこぼれ聞こえる映画『ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、2020年4月に日本でも上映スタート。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.