カニエ・ウェストが妻のキム・カーダシアンと子供たち、キムの姉コートニー・カーダシアンを連れて来日。セレブ御用達スポットに、まさかの姿で現れた。(フロントロウ編集部)

覆面マスク姿のカニエ

 ラッパーのカニエ・ウェストが、サンクスギビング(感謝祭)の祝日に合わせて、妻のキム・カーダシアンら家族と来日した。

 カニエの家族に加えて、キムの姉コートニー・カーダシアンと子供たちも連れて日本にやってきており、一行はセレブ御用達のミュージアムであるチームラボプラネッツを訪問。

 キラキラと輝く幻想的な空間をキムと子供たちが楽しむなか、子供たちの後ろを歩くカニエは、なんと覆面マスクを被ってイルミネーションを鑑賞。その存在感がとにかくすごい。

この投稿をInstagramで見る

In Tokyo at @teamlab.planets #kanyewest

Kanye West(@kanyew.est)がシェアした投稿 -

 カニエが着用したのは、黒のマスクにドクロがデザインされ、後頭部には赤くWと描かれた、ベルギーのファッションブランドのウォルター・ヴァン・ベイレンドング(Walter Van Beirendonck)の「スケルトン・マスク・バラクラバ」というマスク。

画像: www.farfetch.com
www.farfetch.com

 バラクラバということで、カニエが着用したのは覆面マスクではなく、目出し帽ということになるが、このアイテムがナイロン素材でできていることや、カニエの体格も重なり、覆面レスラーのような雰囲気を醸し出している。

 カニエはこのマスクを変装として着用しているのではなく、ファッションアイテムとして、もしくは防寒として着用している可能性が高い。

 難易度が高すぎるアイテムだけに、さすがにこれを真似する人はいないだろう…と思いきや、オンラインストアのファーフェッチ(Farfetch)では、同アイテムはソールドアウト。

 キムのインスタグラムのストーリーに数秒間だけ露出しただけで、さっそく“カニエ効果”を生み出していた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.