エヴィアン(evian)が、LGBTQ+批判にユーモアを交えて反論し、大喝采を浴びている。(フロントロウ編集部)

パリの街並みを描いたエヴィアンのボトルシリーズ

 フランスの飲料水ブランドであるエヴィアン(evian)は、これまでも多くのデザイナーとコラボレーションをして、多くのスタイリッシュなボトルをデザインしてきた。

 そんななか、ある1つのデザインが話題になっている。

 フランス人アーティストのティファニー・クーパーが、エヴィアンのボトルのためにデザインした12枚のイラスト。そのうちの1つには、男性同士が手を繋いでいる作品が。

 このイラストが、あるネットユーザーの一方的な批判の的に。ユーザーは、「プロパガンダ(※)すぎる」というコメントとともに、ボトルをゴミ箱に持っていく動画をツイッター上に公開した。

プロパガンダ
特定の主義・思想へ誘導しようとする宣伝。政治的宣伝のことを指す場合が多い。

 すると、これに反応したのがエヴィアンの公式アカウント! 怒りを笑いに変えて対抗したエヴィアンの、ツイート主に対する返信がこちら。

「アカウント、消しな」

 やたらスタイルの良いキャラクターが踊るようにポーズを決めた、テキストによって絵を作るアスキーアートを制作し、ど直球のメッセージを送ったエヴィアン。

 エヴィアンのユーモアに富んだ反論には、大きな称賛の嵐が。多くのハートを送るユーザーが続出した。

 ちなみに、ティファニーによるその他のイラストの一部はこちら。ティファニーによると、様々な人々が住むパリを表す「12人の象徴的なパリジャン」を描いたとのことで、男性カップルの他にも、男女のカップルやショッピングを楽しむ人など、様々なパリの人々が描かれている。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.