Photo:スプラッシュ/アフロ、ニュースコム、Marvel Studios
辛口映画評論サイトのロッテン・トマトが発表した、歴代MCU映画の高評価ランキングはコレ!(フロントロウ編集部)

歴代MCU映画の評価ランキング

 マーベル・スタジオによって制作された、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は、2008年に公開された映画『アイアンマン』から、2019年に公開された映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』までで、累計23作も公開された。

【MCU映画公開日順リスト】
フェイズ1
『アイアンマン』(2008年)
『インクレディブル・ハルク』(2008年)
『アイアンマン2』(2010)
『マイティ・ソー』(2011)
『キャプテン・アメリカ/ファースト・アベンジャー』(2011)
『アベンジャーズ』(2012)
フェイズ2
『アイアンマン3』(2013)
『マイティ・ソー/ダークワールド』(2013)
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)
『アントマン』(2015)
フェイズ3
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)
『ドクター・ストレンジ』(2016)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)
『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)
『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)
『ブラックパンサー』(2018)
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)
『アントマン&ワスプ』(2018)
『キャプテン・マーベル』(2019)
『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)

 10年以上にわたり公開されてきた20以上の映画は、ほとんどすべて高評価を受けており、これまでのMCUのストーリーの主軸となった『アベンジャーズ』シリーズの完結編『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、世界歴代興行収入第1位を獲得する輝かしい功績を残した。

 そんな作品を、辛口映画評論サイトのロッテン・トマト(Rotten Tomatoes)による評価でランキング(12月2日現在)。

 ロッテン・トマトは、プロの評論家によるレビューの割合を数値化した「トマトメーター」が表示される評論サイトで、このトマトメーターは肯定的なレビューが多いほど数値が高くなるという仕組み。ある基準をクリアすると、フレッシュ認定(Certified Fresh)され、“良い映画”と高評価されたことになる。また、ポップコーンのイラストで評価される「オーディエンススコア」は、一般人による評価の数値。

以下、トマトメーターを基準にしたランキング

23位:『インクレディブル・ハルク』(2008年)

67%トマトメーター/70%オーディエンススコア

画像: 23位:『インクレディブル・ハルク』(2008年)

22位:『マイティ・ソー/ダークワールド』(2013)

67%トマトメーター/76%オーディエンススコア

画像: 22位:『マイティ・ソー/ダークワールド』(2013)

21位:『アイアンマン2』(2010)

73%フレッシュ/71%オーディエンススコア

画像: 21位:『アイアンマン2』(2010)

20位:『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)

75%フレッシュ/83%オーディエンススコア

画像: 20位:『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)

19位:『キャプテン・マーベル』(2019)

78%フレッシュ/51%オーディエンススコア

画像: 19位:『キャプテン・マーベル』(2019)

18位:『マイティ・ソー』(2011)

78%フレッシュ/76%オーディエンススコア

画像: 18位:『マイティ・ソー』(2011)

17位:『アイアンマン3』(2013)

79%フレッシュ/78%オーディエンススコア

画像: 17位:『アイアンマン3』(2013)

16位:『キャプテン・アメリカ/ファースト・アベンジャー』(2011)

80%フレッシュ/74%オーディエンススコア

画像: 16位:『キャプテン・アメリカ/ファースト・アベンジャー』(2011)

15位:『アントマン』(2015)

83%フレッシュ/86%オーディエンススコア

画像: 15位:『アントマン』(2015)

14位:『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)

84%フレッシュ/87%オーディエンススコア

画像: 14位:『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)

13位:『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)

85%フレッシュ/91%オーディエンススコア

画像: 13位:『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)

12位:『アントマン&ワスプ』(2018)

88%フレッシュ/76%オーディエンススコア

画像: 12位:『アントマン&ワスプ』(2018)

11位:『ドクター・ストレンジ』(2016)

89%フレッシュ/86%オーディエンススコア

画像: 11位:『ドクター・ストレンジ』(2016)

10位:『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)

90%フレッシュ/92%オーディエンススコア

画像: 10位:『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)

9位:『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)

90%フレッシュ/95%オーディエンススコア

画像: 9位:『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)

8位:『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)

91%フレッシュ/89%オーディエンススコア

画像: 8位:『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)

7位:『アベンジャーズ』(2012)

91%フレッシュ/91%オーディエンススコア

画像: 7位:『アベンジャーズ』(2012)

6位:『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)

91%フレッシュ/92%オーディエンススコア

画像: 6位:『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)

5位:『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)

92%フレッシュ/87%オーディエンススコア

画像: 5位:『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)

4位:『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)

93%フレッシュ/87%オーディエンススコア

画像: 4位:『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)

3位:『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)

94%フレッシュ/90%オーディエンススコア

画像: 3位:『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)

2位:『アイアンマン』(2008年)

94%フレッシュ/91%オーディエンススコア

画像: 2位:『アイアンマン』(2008年)

1位:『ブラックパンサー』(2018)

97%フレッシュ/79%オーディエンススコア

画像: 1位:『ブラックパンサー』(2018)

 ちなみに、オーディエンススコアが最も高かったのは、95%の高スコアをたたき出した『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』だった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.