俳優のノア・センティネオが、ドナルド・トランプ米大統領夫人メラニア・トランプのスピーチを非難した。(フロントロウ編集部)

ノアが非難したスピーチとは?

 Netflixのオリジナル映画『好きだった君へのラブレター』で、“理想の男子”を演じ、全世界の女子のハートを奪った俳優のノア・センティネオ。現在その人気と知名度を上げているノアが、ツイッターを更新した。

画像1: ノアが非難したスピーチとは?

 ノアの投稿は、ドナルド・トランプ米大統領夫人のメラニア・トランプによる“あるスピーチ”について。ノアは、動画をひとつ引用してひとこと。

画像2: ノアが非難したスピーチとは?

「コピー&ペースト」

 ノアが言及したスピーチの動画には、メラニア夫人とオバマ前大統領夫人のミシェル・オバマのスピーチが合成されており、ミシェル夫人のスピーチとほぼ同じ言葉を使って話すメラニア夫人の姿が映っている。

画像3: ノアが非難したスピーチとは?

 この演説が、ミシェル夫人が2008年に行なったものと酷似しているとして、盗作疑惑が浮上するなか、ノアはシンプルなひとことでメラニア夫人を非難した。

 2020年11月に控える米大統領選。今回のノアの投稿のように、これからさらに選挙に向けてセレブの発言がヒートアップすると見られる。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.