アメリカの人気ロックバンドとして知られるゼブラヘッドが、まさかの日本の新語・流行語大賞に反応した。(フロントロウ編集部)

ゼブラヘッドが“タピる”

 2019年は、サマーソニックに出演するために来日したゼブラヘッド。来日時は日本テレビ系で放送されている情報番組『スッキリ』に生出演し、サマソニでも演奏した「オール・マイ・フレンズ・アー・ノーバディーズ」を披露。そして、メンバーのベンがカタカナで「シモネタ、ダメ、ゼッタイ」と描かれたTシャツを着て出演したことでお茶の間に名を轟かせた

画像: ゼブラヘッドが“タピる”

 そんなゼブラヘッドが、まさかの新語・流行語大賞に反応。2019年の新語・流行語大賞に選ばれたのは、日本列島を熱くしたアジア初開催のラグビーワルドカップで日本代表が掲げていた「ONE TEAM」という言葉。チームをひとつにという想いで選手・スタッフで考案した言葉が流行語大賞に選ばれ、日本代表の選手たちも大いに喜んだ。

 それを知ったゼブラヘッドは、「流行語 年間大賞 『ONE TEAM』おめでとう!"タピる" はトップテン入りとのこと! 俺達も日本の流行にのれて嬉しいぜ!」と、来日時にタピオカを飲んでいる写真をアップしてラグビー日本代表をお祝いした。

 大の親日家として知られるゼブラヘッド。2019年大ブームとなったタピオカを“タピりながら”日本の話題に突っ込んでくるとは、さすがとしか言いようがない。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.