アダルト動画サイトPornhubが2019年のレビューを発表。日本の存在感がなんとも強め。(フロントロウ編集部)

Pornhubの使用国ランキング

 世界最大手と言われるアダルト動画サイトPornhubが、2019年を振り返るレビューを発表した。

 2019年Pornhubの総アクセス数は、約420億回。1日に約1億1,500のアクセスがあったと分析された。

画像: Pornhubの使用国ランキング

 そんなPornhubの使用者数国別ランキングでは、Pornhubの本社があるカナダを4位に抑えて、アメリカがダントツの1位。しかし、その中で日本がランキングの上位に位置して、存在感を示している。

 日本のランキングは、なんとアメリカに次ぐ2位。

 しかも、1位アメリカ、3位イギリス、そして4位カナダという、英語圏の国々に囲まれるなかでのランクインとなった。

Pornhubの検索ワードランキングに謎の言葉

 Pornhubは、2019年の検索ワードランキングも公開。

 1位はアマチュアというキーワードとなったけれど、2位には思わぬ単語が浮上することとなった。

 それは、エイリアン!

画像: Pornhubの検索ワードランキングに謎の言葉

 アダルト動画サイトでエイリアンと検索したユーザーがどのような動画を見たかったのかは不明だけれど、かなり多くのユーザーを惹きつける何かがあったよう。

 また、人気ゲームのエーペックスレジェンズ(Apex Legends)も8位にランクイン。Pornhubでは、その年に流行ったものがキーワード検索される傾向にあることが明らかになっており、今年大ヒットした映画『ジョーカー』が公開された数日後には、「ジョーカー」という言葉が1日で約30万回も検索されたことがわかっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.