人気ロックバンドのレッド・ホット・チリ・ペッパーズの元メンバーであるジョン・フルシアンテが、正式に復帰することが急遽決定した。(フロンントロウ編集部)

レッチリから2つのお知らせ

 2019年8月には20周年を迎えたサマーソニックのヘッドライナーを務めるために来日したレッド・ホット・チリ・ペッパーズ(以下レッチリ)。

 現在はアンソニー・キーディス、フリー、チャド・スミス、ジョシュ・クリングホッファーのメンバーで活動しているが、レッチリの公式SNSが日本時間12月16日に悲しいお知らせと嬉しいお知らせをダブルで発表した。それがこちら。

 「レッド・ホット・チリ・ペッパーズは、過去10年、我々のギタリストとして活動したジョシュ・クリングホッファーと別々の道を行くことをお知らせします。ジョシュは、私たちが尊敬し愛している美しいミュージシャンです。ジョシュと一緒に過ごした時間と、彼が私たちに共有してくれた数えられない贈り物に深く感謝します」

 約10年間もの間レッチリのギタリストとして奮闘してきたジョシュとの別れを多くのファンが悲しんだけれど、同時にファンを喜ばせる報告も。

 レッチリのSNSでは、ジョシュの脱退の報告に続き「また、ジョン・フルシアンテが再びグループに戻って来てくれることに興奮しており、胸がいっぱいです」という、ジョン・フルシアンテが帰ってくるというファンにとって嬉しすぎるお知らせ。

ジョン・フルシアンテは再々加入

 ジョンは、デレク・トラックス、ジョン・メイヤーらと共に現代の世界3大ギタリストと言われているアーティスト。レッチリの初代ギタリストとして活躍していたヒレル・スロヴァクに変わり、1988年にバンドに加入しレッチリの黄金期を支えた。しかしながら、1992年に1度目の脱退。その後、1998年に再びバンドに戻り、2009年には再び脱退と、加入と脱退を繰り返しており、脱退から約10年後の2019年に再びレッチリのメンバーとして復活することが発表された。

画像: ジョン・フルシアンテは再々加入

 何の前触れもなく発表されたジョンの復帰。この出来事には、驚いているファンが多く、中にはハッキングされた可能性があり、偽情報と疑うファンも。ただしメンバーのフリーも同時に同じ文章をアップしていることから、今回のジョシュの脱退とジョンの再々加入は本当のことのよう。

フリーがアップしたインスタグラムの投稿。

 ジョンがいつからレッチリに戻ってきて、ジョシュがいつ去るのかなど詳しいことは発表されていないけれど、レッチリはすでに2020年に7つのフェスに参加することが決まっている。(フロンントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.