シンガーのジャスティン・ビーバーが、チャリティイベントで「ベイビー」を含む自身のヒット曲をアカペラで披露した。(フロントロウ編集部)

ビーバー夫妻がチャリティイベントを開催

 シンガーのジャスティン・ビーバーと妻でモデルのヘイリー・ビーバーが、米ニューヨーク発のオークションハウスの「パドルエイト(Paddle8)」とタッグを組んで、チャリティオークションイベントを開催。

 ビーバー夫妻が所有するアートコレクションの中から、ヘイリーのウェディングドレスのデザインを手がけたオフホワイト(Off-White)のデザイナーのヴァージル・アブローや、日本が誇る世界的ポップアーティストの村上隆の作品などが出品された。

画像: Photo:Paddle8

Photo:Paddle8

 今回のチャリティオークションの収益はすべて、主に貧困家庭の支援を行なう非営利団体(NPO)の「LIFT(リフト)」とアート支援機関の「Inner City Arts(インナー・シティ・アーツ)」に寄付され、援助を必要とする家族の生活のサポートや教育支援、地域の改善、若手アーティストの育成などに使われる。

生歌のサプライズに大歓声

 先日行なわれたイベントには主催者であるジャスティンも出席。オークションに参加してくれた人たちのために、感謝の気持ちを込めて、ジャスティンがアカペラで“生歌”を披露する場面もあった。

 思わぬサプライズに集まった人たちも大興奮で、ジャスティンをスターへと押し上げた名曲「ベイビー(Baby)」のサビの部分では、イベント参加者たちを巻き込んで自然と大合唱がスタート。

 また、この日イベントに来ていた俳優のウィル・スミスの息子で、シンガーや俳優などマルチに活躍するジェイデン・スミスにジャスティンが無茶ブリをして、「ネヴァー・セイ・ネヴァー(Never Say Never)」を一緒に歌うサプライズも。

画像: ジェイデン(左)とジャスティン(右)。 twitter.com

ジェイデン(左)とジャスティン(右)。

twitter.com

 この2曲のほかにも、ジャスティンは「ソーリー(Sorry)」や「ラヴ・ユアセルフ(Love Yourself)」といった大ヒット曲も披露。イベントの参加者にとって、ちょっと早めのクリスマスプレゼントとなった。

 ちなみに、このイベントにはdTVで独占配信中の『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』に出演するリアリティスターのカイリー・ジェンナーも母クリス・ジェンナーと一緒に顔を出しており、ジャスティンが彼女の名ゼリフ「ライズ・アンド・シャイン(Rise and Shine)」(※)を口ずさむ微笑ましい場面もあった。
※以前、カイリーがYouTubeにアップした動画のなかで、お昼寝中だった愛娘のストーミちゃんを起こす際に歌いながら口にしたフレーズ。

画像: カイリー(左)とジャスティン(右)。 twitter.com

カイリー(左)とジャスティン(右)。

twitter.com

 ビーバー夫妻にとって初の試みとなった、今回のチャリティオークションイベント。総額でいくら集まったのかはわかっていないが、オークションに出品した品物はすべて落札され、大盛況に終わったよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.