俳優のホアキン・フェニックスが、大御所俳優のジェーン・フォンダやマーティン・シーンらも参加した米ワシントンでのデモの最中に警察に身柄を拘束された。(フロントロウ編集部)

デモの最中に身柄を拘束

 映画『ジョーカー』で第77回ゴールデン・グローブ賞の主演男優賞を受賞し、2月に授賞式が開催される第92回アカデミー賞へのノミネートも期待される俳優のホアキン・フェニックスが、現地時間の1月10日、米ワシントンD.C.で行なわれた気候変動対策デモ「ファイア・ドリル・フライデーズ(金曜日ごとの火災訓練)」の最中に、ほかの参加者らとともに警察に身柄を拘束されたと、米USA Todayほかが伝えている。

画像: 1月10日のデモに参加したホアキン。

1月10日のデモに参加したホアキン。

画像: デモの最中に身柄を拘束

 環境保全や動物愛護に関するチャリティ活動に熱心なことで知られるホアキンは、映画『ジュリア』や映画『帰郷』などで知られる大御所俳優のジェーン・フォンダが、真っ赤なコートを着て参加し、これまでにも何度も警察に逮捕されていることでも知られる、毎週金曜に開催されてきた同デモの最後の抗議に参加。

画像: 以前開催された「ファイア・ドリル・フライデーズ」で警察に逮捕されるジェーン。

以前開催された「ファイア・ドリル・フライデーズ」で警察に逮捕されるジェーン。

 参加者たちに熱烈な歓迎を受け、即興でスピーチを行なったホアキンは、幼少期からヴィ―ガン(完全菜食主義者)として育った見地や独自の知識から、食肉産業や畜産業が気候変動に与える影響に言及し、「今、私たちができることは食習慣を変えることです」などと、ヴィ―ガン食への転換を促すコメントをした。

 同デモは、16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリが主導して始まった「気候変動デモ」の一環。開始以来、最大の規模となった10日のデモには、ジェーンが出演するネットフリックスのドラマ『グレイス&フランキー』の共演者であるマーティン・シーンや映画『ダークナイト』のマギー・ギレンホールといった著名人も多数参加した。

 デモの参加者たちは、米国会議事堂の階段に座り込みを行っていたが、直ちに解散しないと逮捕するという警察の警告に従わなかったため、一斉に逮捕された。(フロントロウ編集部)

※こちらの記事は、マーティン・シーンの名前に誤記があったため修正しました。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.