Netflixのオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のミリー・ボビー・ブラウンが、2歳年上のラグビー選手と交際していることが発覚。お相手は一体どんな人?(フロントロウ編集部)

ミリーに新恋人のウワサ

 Netflixのオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のイレブン役で大ブレイクし、さらに2020年は主演映画『Enola Holmes(エノーラ・ホームズ)』の公開も控えるミリー・ボビー・ブラウン(15)が、イングランドのプロラグビークラブ「ウィガン・ウォリアーズ(Wigan Warriors)」に所属するラグビー選手のジョセフ・ロビンソン(17)と交際していることがわかった。

 インスタグラムに2人そろって同じ犬の写真をのっけたり、相手の写真にハートの絵文字を使って反応したり、SNSで何度か交際を匂わせる内容の投稿をしてきたミリーとジョセフが、スナップチャットで初のツーショット写真を公開。ジョセフがミリーを“バックハグ”している写真に、「Ly(※「Love You」を省略したもの)」というコメントを添えて、事実上の交際宣言をした。

 米Seventeenによると、ミリーとジョセフは、2019年11月に旅行先のモルディブで初めて一緒にいるところを目撃された。モルディブではジョセフの家族も一緒だったことから、すでに家族公認のお付き合いであることは間違いない。

 ちなみに、ジョセフの父ジェイソン・ロビンソンも元ラグビー選手で、2003年のラグビーワールドカップの決勝でイングランド代表唯一のトライを決め、優勝に貢献した“レジェンド”としてファンのあいだでは知られる。

 ミリーは、2018年の初め頃から次世代イケメンシンガーとして注目されているジェイコブ・サートリアスと交際していたが、同年7月に交際約半年で破局している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.