ダニエル・クレイグが、4月10日に公開される大人気スパイ映画『007』の最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の撮影中に起こった怪我について振り返った。(フロントロウ編集部)

ダニエルが初めて怪我について語る

 大人気スパイ映画『007』の最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』で主演のダニエル・クレイグがジェームズ・ボンド役を卒業。これまで『007』の撮影で幾度となく怪我を負ってきたダニエルだけれど、2019年5月中旬に行なわれた『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のジャマイカでの撮影中にも負傷し、撮影が一時休止される事態に。

 撮影が一時中断するほど重傷だった怪我について、ダニエルが初めて米EntertainmentWeeklyに語った。

 ダニエルは、「浮き桟橋を走っていて、(地面が)濡れていたんだけど、それで滑って落ちてしまい足首が破裂したんだ。不幸にも以前にも同じ状況になったことがあり、腱断裂した感じが分かったよ。クソって感じだった」と怪我をした経緯を明かした。

 怪我をしたダニエルは、その後ロンドンにいる名医に診察してもらうことになり、手術をすれば10週間で走る準備が出来ると言われたそう。しかし、ダニエルは主演。そこまで撮影を長引かせる時間がなかったようで「2週間で現場に戻って、10週でバカみたいに自分の身を投げ出していたよ」と、驚異の回復力で撮影現場に戻った。

 『007』の撮影では怪我がつきものだけれど、大怪我をしても驚異の回復力で撮影現場に復帰するダニエル。彼のプロ根性はさすがとしか言いようがなかった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.