セレブのメイク担当たちも愛用しているある“日本製”メイクブラシが、メイクの仕上がりを格段にアップさせてくれると海外で人気を集めている。(フロントロウ編集部)

ベースメイクの必須アイテム「フェイスブラシ」

 メイクブラシは、メイクの仕上がりを格段に上げてくれるだけでなく、持ちも良くしてくれる縁の下の力持ち。なかでも重要なベースメイクの仕上がりを左右するフェイスブラシは、とくにこだわりたいけれど、デザインや種類が多くてどんなメイクブラシを選べばいいか迷ってしまうもの。

画像: ベースメイクの必須アイテム「フェイスブラシ」

 そんな数あるフェイスブラシのなかでも、セレブご指名の人気メイクアップアーティストたちがこぞって愛用している「日本のフェイスブラシ」があるという。

プロたちが絶賛するワケ

 セレブのメイク担当たちが絶賛しているフェイスブラシというのが、日本を代表するメイクブランド、資生堂の「HANATSUBAKI HAKE ポリッシング フェイスブラシ」

画像: プロたちが絶賛するワケ

 まるで4つの“花びら”のような独特のフォルムと、なめらかで上質な肌触りが特徴で、主にファンデーションやフェイスパウダーなどに用いられるフェイスブラシ。ムラのない美しいメイクに仕上がるとプロたちの間で話題になっている。

 そんな海外のプロたちが愛用する理由は、なんといってもブラシが“4つに分かれている”ところ。

 人気モデルのベラ・ハディッドヘイリー・ビーバー、女優のリリー・コリンズなどセレブに引っ張りだこの人気メイクアップアーティストのヴィンセント・オケンドは、「このブラシの好きなところは、(4つに分かれたブラシの)割れ目が顔のすべての部分にフィットしてくれること」と話し、小鼻や口周りなど、細かなところまでしっかりカバーしてくれると米メディアCovetureにコメント。

 また、熊野の技術を用いた筆職人の手によって作られており、筆先が非常に繊細で、「肌に滑らせるだけでメイクがスッと馴染んで、まるで素肌のように仕上がる」とメイクの仕上がりが格段に上がると絶賛。

 ヴィンセントは長年このフェイスブラシを愛用しているそうで、「顧客をレッドカーペットに送り出す前に、必ずこのブラシで仕上げを行なっている」と、絶大な信頼を寄せるアイテムだとも話している。

 英王室のキャサリン妃メーガン妃を手掛けるメイクアップアーティストのメアリー・グリーンウェルも、この花椿型のフェイスブラシを愛用する1人で、「値段の高いメイクブラシを何本もそろえる必要はないけれど、どうしても1本欲しいというなら、間違いなくこのブラシをオススメする」と米メディアPopsugarに明かしている。

 海外のプロをもうならす、花椿型のフェイスブラシ。見た目もとってもキュートなので、気になる人はぜひ試してみて。(フロントロウ編集部)

 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.