日本時間の2020年1月27日に行なわれた第62回グラミー賞授賞式にH.E.R.が着物で参加した。(フロントロウ編集部)

H.E.R.が着物ドレスでグラミー賞に参加

 多くのアーティストたちが着飾って登場した音楽の祭典グラミー賞。2020年で62回目を迎えるグラミー賞の授賞式では、例年と同じくらいにレッドカーペットに登場するセレブは気合十分。

 数多くのセレブたちが美しい衣装を着用する中に、主要4部門を含む計5部門でノミネートされているH.E.R.(ハー)が登場。H.E.R.は、ドレスはドレスでも、日本の伝統着である着物に影響された着物ドレスを着て参加。

画像: H.E.R.が着物ドレスでグラミー賞に参加

 この着物ドレスはDsquared2のもので、H.E.R.は花柄がメインのカラフルな着物ドレスの帯にゴールドをチョイス。H.E.R.はレッドカーペットで「私は着物の大ファンなの!」と、Recording Academyのインタビューに答えた。

 H.E.R.は着物好きという以外にもアルバムに日本人エンジニアのミキ・ツツミを起用したこともあり、日本との関係は深い。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.