シンガーのルイ・トムリンソンが、英大手メディアのBBCの番組には「もう二度と出ない」とツイート。インタビュアーとプチ口論する事態に発展した。(フロントロウ編集部)

ルイが番組に対して出演拒否

 活動休止中のワン・ダイレクションのメンバーで、現在はソロ活動をしているルイ・トムリンソンが、英BBCの番組『BBC Breakfast』をボイコットする意向をツイートした。

画像: twitter.com
twitter.com

 デビューアルバム『ウォールズ(Walls)』のプロモーションのために番組に出演したルイは、番組内で2016年に白血病で亡くなった母親と2019年にアクシデントによる薬物の過剰摂取による心臓発作で18歳の若さで帰らぬ人となってしまった妹のことについて、執拗に質問されたことに不快感を示し、「もう二度と戻らないよ、ハハ!僕の背中を押してくれるファンを愛している」とツイート。

 今後一切、この番組には出演しないと断言したルイは、ツイッター上で番組のホストを務めるダン・ウォーカーと議論を繰り広げた。

 ルイの質問にダンが、「そんな気持ちにさせてしまってすみません。今朝は番組で話せてよかったです。もしよければ何に不満だったのか教えてくれますか?」と返信。

 これに対してルイは、「あなたが家族との死別について何度も聞いてくることが不愉快でした。親しい人々を亡くすのはつらいに決まっている。せめてものお願いとして、つらいことをインタビューで聞かれたくないという僕の決断を尊重してほしかった」「幸いなことに僕は追悼の気持ちを表現する手段を持っている。だからといって、ゴシップ目的であなたにそれについて話す権利を与えたわけじゃない」と答えた。

 ルイの返信に再びダンがツイート。「こんにちはルイ。我々はあなたの母親について書いた曲について質問しました。つらいのは理解していますし、だからこそ深掘りしませんでした。不愉快な思いにさせるつもりも、“話題作り”をするつもりもありません。BBC Breakfastはそういう番組ではありません」と説明し、番組側の主張を綴った。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.