上品で可愛いけれど、自分でやるのは意外と難しい「グラデネイル」。自宅でカンタンに再現できちゃうセルフネイルの方法を、海外のネイリストがステップごとに丁寧に解説。(フロントロウ編集部)

透明感がたまらない「グラデネイル」

 セレブ界屈指のネイル好きで知られるカイリー・ジェンナーや、人気シンガーのデュア・リパなど多くのセレブにも人気が高いグラデーションネイル。

 指先にスッとなじむ透明感が可愛いネイルデザインだけれど、ぼかすのに技術が必要なため、セルフで再現するのが難しいデザインとしても有名。

 そこで今回は、手先が不器用でも大丈夫! カンタンに1発で決まるとっておきの裏ワザをご紹介。セレブも手掛ける海外ネイリストのローレン・ダンが、その詳しい方法を米メディアByrdieのインタビューで明かした。

ステップ1:メイクスポンジをカットする

 このネイルテクニックの要となるのが、三角メイクスポンジ。このスポンジの下準備でグラデネイルの仕上がりが決まると言っても過言ではない。はじめに、スポンジの面をテープなどを使ってほこりを取り除く。次に、スポンジの角をハサミで切り落とす。

画像: ステップ1:メイクスポンジをカットする

 ローレンは、「目標は、スポンジの幅を爪と同じにすること。こうすると、爪の周囲につくマニキュアの量を最小限に抑えることができるよ」とアドバイスした。

ステップ2:ベースコートを塗る

 ベースコートをスキップする人も多いけれど、グラデネイルをする時はなるべく塗るのがオススメ。ネイルの持ちが良くなるし、後から塗るマニキュアがヨレるのを防ぐという。

画像: ステップ2:ベースコートを塗る

ステップ3:メイクスポンジにマニキュアを塗る

 お待ちかね、マニキュアの登場。まず1番明るい色からはじめ、徐々に色が濃くなるように順番にマニキュアをスポンジに塗っていく。3色ぐらい使うと自然な仕上がりになるとローレンは言う。

 塗り終わったら、指に向かってスポンジを垂直に持ち、叩くように塗りこんでいく。もし少し色付きが薄いと感じる場合は、もう一度スポンジにネイルポリッシュを塗って、再度タッピングしてみて。重ねて塗る場合は、必ず3分ほど乾かしてから再度塗るのがポイント。

 最後に爪の周りについたマニキュアを除光液で落として、トップコートをたっぷり塗ったら完成!

 セレブにも大人気のグラデネイル。今まで失敗していた人は、これを機に再チャレンジしてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.