イギリスのデザイナーであるサンディ・パウエルが、第92回アカデミー賞授賞式にセレブのサインが入ったスーツを着用して登場した。(フロンントロウ編集部)

サンディの白のスーツにサインがびっしり

 過去に3度もアカデミー賞衣装デザイン賞を受賞しているサンディ・パウエル。2020年の第92回アカデミー賞でも、映画『アイリッシュマン』の衣装を手掛けたことから衣装デザイン賞にノミネートされているサンディは、オレンジのヘアスタイルにマッチしたネクタイと白のスーツでアカデミー賞授賞式に登場。しかし、その白いスーツには、数々Aリストセレブたちの直筆サインが書かれていた。

画像: サンディの白のスーツにサインがびっしり

 サンディはなぜ、白のスーツにセレブたちのサインをもらったのか? そこには、“ある理由”があった。

白のスーツはオークションにかけられる

 なぜサンディは大物セレブたちにサインを描いてもらったのかというと、そのスーツをオークションにかけ、そこで得たお金を使って、存続の危機にある故デレク・ジャーマン監督のコテージを保護するため。1994年にデレクがこの世を去ったあと、このコテージはパートナーだったキース・コリンズに譲られたものの、キースも2018年に死去。そのため、このコテージを守りたいサンディは、英国アカデミー賞授賞式や、今回のアカデミー賞授賞式でロバート・デ・ニーロやアルパチーノ、スカーレット・ヨハンソンといった錚々たるセレブたちからサインをもらい、世界でひとつしかないセレブたちのサイン入りスーツを完成させた。

 デレクのコテージ存続には、サンディ以外にもティルダ・スウィントンらがクラウンドファンディングを立ち上げて動き出しており、すでに3,000人以上がクラウンドファンディングに参加し、3億円近くの寄付金が集まっている。(フロンントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.