イギリス出身の3人組ポップバンド、ニュー・ホープ・クラブのデビューアルバム『ニュー・ホープ・クラブ』が2月14日に発売。リリースと来日公演の決定を記念して、グループのロゴ入りフェイスタオルを6名様にプレゼント。(フロントロウ編集部)

来日公演完売の3人組、待望のデビューアルバム

 2019年11月にソールドアウトとなった初の単独来日公演のときにフロントロウでもインタビューを行ない話題になったキュートな3人組男子のボップバンド、ニュー・ホープ・クラブが、デビューアルバム『ニュー・ホープ・クラブ』をリリース。

画像1: 来日公演完売の3人組、待望のデビューアルバム

 アルバムリリースにあたり、メンバーはこのようにコメント。

「この3年半、僕たちはずっとアルバムをリリースすることを夢見ていたんだ。僕たちは出会ったその日から、できる限りどこでも一緒に曲を書いてきた。時にはホテルの部屋だったり、空の上だったり…「カーマ」はまさに飛行機の中で書いた曲だ。アルバムは旅だと思う。僕たちは若い頃から一緒に成長して、時には恋に落ち、恋に破れ、家族と離れてどうやって生きていくのかも学んだ。こういった感情についてずっと一緒に考えて、それを紙に書いていたんだ。セラピーみたいなものだね。このアルバムは、ニュー・ホープ・クラブがここまでどうやって辿り着いたかっていうことも含めて、本当に僕たちの人生を映し出している。だからアルバムのタイトルも『ニュー・ホープ・クラブ』にしたんだ」

 プロデューサーにナイル・ホーランやザ・ヴァンプスの曲を手掛けたマット・ラッドや、デュア・リパやセレーナ・ゴメスの曲を手掛けたイアン・カークパトリックなどを迎えたポップな曲もあれば、メンバーのブレイク・リチャードソンがプロデュースしたシンプルでメロディが引き立つ曲まである同作。全員がソングライターでありヴォーカルであり複数の楽器を演奏するバンドであるニュー・ホープ・クラブの、メロディを大切にしたポップソングを演奏するという持ち味が発揮されている。

画像2: 来日公演完売の3人組、待望のデビューアルバム

アルバム『ニュー・ホープ・クラブ』発売中
日本盤ボーナス・トラック6曲収録
ミニ・ポスター封入
★DVD付デラックス盤: UICR-9047 / 3,500円(税抜)+税 / 各メンバー・ジャケット・カード封入
★CD通常盤: UICR-1149 / 2,200円(税抜)+税

最新MVは東京で撮影!

 そんな彼ら、最新シングル「レット・ミー・ダウン・スロウ(with R3HAB)」のミュージックビデオは、昨年11月の東京滞在中に撮影。ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー「ヤングブラッド」のミュージックビデオを手掛けたフランク・ボリンと、マシン・ガン・ケリーなどのMVを手掛けるジョーダン・ウォージーによって撮影されたMVでは、メンバーたちが東京・新宿のストリートを走ったり、ゲームの中に入ってしまい闘いを挑まれたり、3人の表情豊かな姿を見ることができる。

 バンドのスケジュール上、東京公演の時期にMVを撮影しなければならなかったことについて、ブレイクはこのように語る。

「“せっかく日本に行くんだから、日本でやりたいことのひとつに挑戦しよう”という話になったんだ。日本が大好きだから、MV制作を通じて日本のカルチャーを掘り下げて、ファンに出演してもらって……。撮影は本当に楽しかった。素晴らしい監督ともコラボもできた。新しいことに挑戦するっていうのは、常に楽しいことだからね」

半年ぶりの来日公演が決定

 デビューアルバムリリース後、4月にはUKツアーを行うニュー・ホープ・クラブ。ツアーを重ねるごとに観客動員数は増え続けており、今回のロンドン公演の会場は、クイーンの『オデオン座の夜~ハマースミス1975』が録音された会場であり3,500人以上を収容するハマースミス・アポロに。

 彼らにとって過去最大のヘッドラインツアーとなる同ツアーは、5月に大阪と東京での来日公演が決定した。

画像: 半年ぶりの来日公演が決定

ニュー・ホープ・クラブ ジャパン・ツアー
<大阪>2020年5月19日(火)梅田クラブクアトロ
<東京>2020年5月20日(水)恵比寿ザ・ガーデンホール
詳細はLive Nation公式サイトより

オリジナルフェイスタオルを6名様にプレゼント

 そんな、ニュー・ホープ・クラブのオリジナルフェイスタオルが6名様に当たるチャンス。色はオレンジ、イエロー、ホワイトの3種類となっている。

画像: オリジナルフェイスタオルを6名様にプレゼント

 応募方法は、フロントロウ編集部の公式ツイッター(@frontrowjp)をフォローして、以下のツイートをRTするだけ。希望の色やグループへの熱い思いがある方はコメント欄へ。締め切りは3月2日23:59。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.