見た目の年齢を左右する目の下の「クマ」や「小ジワ」。セレブを手掛けるメイクのプロが目元を若々しく見せるコンシーラーの使い方を紹介した。(フロントロウ編集部)

逆に老けて見えるNGメイク

 コンシーラーは、疲れた印象を与える「クマ」や、乾燥による目元の「小ジワ」を隠すのに便利なアイテム。しかし、良かれと思って塗ったコンシーラーが白浮きしたり、小ジワの溝に入り込んで逆にシワを目立たせたりと、なかなか苦労が絶えないもの…。

 人気セレブのセレーナ・ゴメスなどを担当するメイクアップアーティストのメリッサ・マーディックによると、目元のコンシーラーが失敗するおもな原因は、ずばり塗りすぎ

 メリッサは、「メイク動画でもよく見かけるけれど、多くの女の子がコンシーラーをべったり塗りすぎている」と話し、塗りすぎたコンシーラーには何のメリットもないと自身のWebサイトThe Pretty Fixでコメント。

クマ、シワを目立なくするには?

 では、気になる目元のクマやシワを目立たなくするにはどうすべきか。メリッサいわく、ポイントは「適切な量」と「適切な位置」にコンシーラーを塗ること。

 見た目年齢を若く見せる、目元コンシーラーの塗り方をステップごとに丁寧に紹介した。

ステップ1.アイクリームは少量でOK

 皮膚が薄く、乾燥しやすい目元まわりのメイクをする前に始めたいのが、保湿クリームやアイクリームを塗ること。でも、塗る量には注意して。「(クリームを)塗りすぎるとコンシーラーが滑っちゃうからね」と、クリームの量は指先にちょこんと乗る程度でOKとメリッサは言う。

画像: ステップ1.アイクリームは少量でOK

ステップ2.ファンデーションは塗らない

 意外に思うかもしれないけれど、メリッサいわく目の下にファンデーションを塗る必要はないという。その理由について「クリームと同様にコンシーラーがヨレる原因になるし、正直塗らなくてもコンシーラーで充分カバーできるから問題ないわ」と明かしている。

ステップ3.コンシーラーは部分塗りがカギ

 次にお待ちかね、コンシーラーの出番。スティックやクリームなど様々なタイプのコンシーラーがあるけれど、メリッサがオススメするコンシーラーは「リキッドタイプ」。薄づきなのにしっかりカバー力もあるため、ヨレやすい目元のコンシーラーにぴったりだと勧めている。

画像: ステップ3.コンシーラーは部分塗りがカギ

 コンシーラーの塗り方については、べったり塗らないことが鉄則。「初めに目の下の内側、一番くすんで見える部分に塗り、あとは目尻にかけて3カ所ほドット塗りすれば大丈夫」と話し、次にコンシーラーブラシで叩くように馴染ませていく。もう少しカバー力が欲しい場合は、薄く重ねていくのが良いそう。

ステップ4.最後はルースパウダーで仕上げ

 コンシーラー同様、仕上げのパウダーも塗りすぎが起こりやすいパート。「塗りすぎると粉を吹いちゃうから気をつけて」と話し、パウダーの量は“ちょっと少ないかな?”ぐらいがちょうどいいとのこと。ブラシかメイクスポンジにルースパウダーをつけたら、目の下に押し付けるように馴染ませて完成!

画像: ステップ4.最後はルースパウダーで仕上げ

 ほんの少しの工夫を加えるだけで、見た目年齢はガラリと変えることが出来ると話すメリッサ。プロのテクニックをマスターして、明るく若々しい目元を手に入れてみて。(フロントロウ編集部)     

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.