ファッショニスタとしても注目を集めるブレイク・ライブリーを最初にファッション業界に招待したのは?人気デザイナーがその正体を明かす。(フロンントロウ編集部)

じつはあの大物デザイナーがきっかけ

 自身が主演を務める映画『ザ・リズム・セクション』のプレミアにて第3子出産後、はじめて表舞台に登場したブレイク・ライブリーといえば、そのオシャレなファッションセンスから一目を置かれる存在。スタイリストもつけず自分の好きなスタイルを楽しんでいるブレイクだけれど、誰がブレイクにファッションにはまるきっかけを与えたのか?

 じつは、ブレイクがファッションのイベントなどに顔を出すきっかけとなったのは、マイケル・コースだという。

画像1: じつはあの大物デザイナーがきっかけ

 マイケルとブレイクの出会いは、大ヒットドラマ『ゴシップガール』。マイケルは当時のことを、「『ゴシップガール』のエピソードで会ったんだ。僕はかなり熱狂的なファンでべったりだった」と語ると、「ファッションイベントに行くときに、そういったイベントには参加したことがなかった彼女に電話したんだ。そして『もしよかったら(イベントに)来る?』と聞いて、ファッションの世界に紹介したんだ」と、ブレイクのファッション界への扉を開いたと、E!Newsに明かした。

 そんな“恩”もあってか、ブレイクはマイケルがデザイナーを務めるマイケル・コース(MichaelKors)のコレクションには、欠かさず出席しており、先日ニューヨークで行なわれた2020年秋冬コレクションにも参加。

画像2: じつはあの大物デザイナーがきっかけ

 ブレイクとマイケルは『ゴシップガール』で出会い、すでに10年以上経過しているものの、相変わらずお互いをサポートし続けている。(フロンントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.