2021年公開予定のシリーズ最新作『ジュラシック・ワールド3』の正式タイトルが明らかに。現時点でタイトル以外にわかっていることとは?(フロントロウ編集部)

『ジュラシック・ワールド3』が本格始動

 2021年の夏に公開予定の映画『ジュラシック・ワールド3』の正式タイトルが、『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(Jurassic World : Dominion)』であることを、コリン・トレボロウ監督が自身のツイッターで発表した。

2月中頃から撮影がスタートし、本格始動。

 映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのスター・ロード役でおなじみの俳優クリス・プラット主演で2015年に公開された『ジュラシック・ワールド』と、2018年に公開された『ジュラシック・ワールド/炎の王国』に続くシリーズ最新作にして、シリーズ完結編でもある『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』。

画像: 『ジュラシック・ワールド3』が本格始動

 タイトルの「Dominion」の意味について、オーウェン役で最新作でも主演を務めるクリスは、「1.統治と支配。例文:自然に対する支配を確立しようとする人間の試み」という辞書の一文をSNSに投稿。恐らく本作では、ジュラシック・ワールド崩壊後の世界を描いた前作の終盤で、収容施設から逃げ出して自由の身となった恐竜たちと、人間の攻防が描かれることが予想される。

なつかしの面々がカムバック

 クリスが、先日出演した米人気トーク番組『エレンの部屋』で、「本当は何も言っちゃいけないんだけど…みんなには全部教えちゃうね!『ジュラシック・パーク』に出演していたキャストがみんな帰ってくるんだ。マーベルが『アベンジャーズ/エンドゲーム』で全員集合させたのと同じ感じかな」と最新作に関するヒミツを暴露。

 以前から、グラント博士役のサム・ニール、グラント博士の助手エリー役のローラ・ダーン、そしてほんの少しだが前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』に出演していたマルコム博士役のジェフ・ゴールドブラムら、『ジュラシック・パーク』シリーズでおなじみの面々が再集結するという話が挙がっていたが、これらのウワサが事実であることをはっきりと認めた。

 ちなみに、クリスとともに1作目から出演するクレア役のブライス・ダラス・ハワードも続投が決まっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.