『スター・ウォーズ』のダース・ベイダーが燃え盛り、その上でお肉が焼ける!(フロントロウ編集部)

名悪役のダース・ベイダー

 1977年にシリーズ1作目が初公開され、以降スピンオフも含めると全13作品が公開されている映画『スター・ウォーズ』シリーズ。主役で人間のルーク・スカイウォーカーだけでなく、クリーチャーであるヨーダや、ロボットのR2-D2など、多くの個性的なキャラクターが登場し、ファンから人気を博している。

 なかでも、悪役として世界の映画史にも名を刻むものといえば、ダース・ベイダー。

画像: ⒸLUCASFILM/20TH CENTURY FOX / Album/Newscom

ⒸLUCASFILM/20TH CENTURY FOX / Album/Newscom

 そんなダース・ベイダーの燃えさかる悪の内面をリアルに再現…!? イギリスを拠点とする1人の職人が、ダース・ベイダーのバーベキューセットを制作して大人気となっている。

ダース・ベイダーが燃える

 たき火を楽しめるファイヤーピットで、BBQにも使用できるように網などもついているセットのデザインは、なんと約78cm大のダース・ベイダーの顔面!

 隙間が空いた目と口の部分から、中で燃える炎を見ることができる。

画像1: Ⓒ BurnedbyDesignLtd/Etsy

BurnedbyDesignLtd/Etsy

画像: ダース・ベイダーが燃える

 価格は約8万円とお高めだけれど、愛が強いことで知られるスター・ウォーズファンはこの商品を放っておけないようで、すでに数十人が購入に興味を示していることがサイト上に表示されている。

 またダース・ベイダーの他にも、ストームトルーパーや、『スター・ウォーズ』モチーフの室内用キャンドル置き、さらには、MCUキャラクターであるアイアンマンや、DCコミックスキャラクターのバットマンがモチーフのファイヤーピットも販売されている。

画像2: Ⓒ BurnedbyDesignLtd/Etsy

BurnedbyDesignLtd/Etsy

 ちなみに、この商品はすべて手作りで、制作者のコミック愛が込められた物となっている。

個性派なグッズも発表してきた『スター・ウォーズ』

 これまで多くの『スター・ウォーズ』グッズが販売されてきたけれど、その中には、Tシャツやバッグなどといった一般的なデザインとは一線を画したもので、ファンを驚かせたものも。

 2017年には、米フィットネス系ブランドのONNIT(オンイット)が『スター・ウォーズ』とのコラボ商品を発表。

画像: Ⓒ onnit.com

onnit.com

 ダース・ベイダー、ストームトゥルーパー、ボバ・フェットの顔がデザインされたケトルベルや、“カーボン凍結”されたハン・ソロが描かれたヨガマットなどが発売された。

 また、スター・ウォーズ愛が溢れまくったファンによるハンドメイド作品がバズることも発生。『スター・ウォーズ』のスピンオフドラマ『マンダロリアン』に登場して世界中で大人気となっているベビーヨーダのグッズが、ハンドメイド作品の販売サイトEtsyで人気となり、ディズニー公式が販売中止を求めたと言われるほど。

 愛も極まれば、そのグッズを自宅に常に置いておきたいと思ってしまうもの。この冬は、ダース・ベイダーに家を温めてもらう?(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.