キャプテン・マーベルとワンダーウーマンの夢のツーショット実現のはずが、まさかのバトル勃発!?(フロントロウ編集部)

偉大なヒーロー2人からのメッセージとは?

 すでに第2弾の制作が決まっている映画『キャプテン・マーベル』のブリー・ラーソンと、6月に待望の続編『ワンダーウーマン 1984』が公開されるガル・ガドットが、お互いのインスタグラムでツーショット写真を公開。

この投稿をInstagramで見る

Make love ,Not war ❤️ @brielarson #oscars2020

Gal Gadot(@gal_gadot)がシェアした投稿 -

 本来であれば、「マーベル最強の女性スーパーヒーロー」と言われるキャプテン・マーベルと、「DCコミック最強の女性スーパーヒーロー」と言われるワンダーウーマンによる、ファンにとっては夢のようなツーショットのはずが、何やら2人の様子がおかしい。両手でガルの首を絞めようとするブリーと、なんだか苦しそうな表情をするガル…。

 2人のあいだにまさかの「バトル勃発!?」と勘違いしてしまいそうな写真だが、2枚目の写真を見ると頬を寄せ合って仲睦まじげに写る2人の姿が。そして、ブリーとガル両者のインスタグラムにアップされたこの写真には、まったく同じ「殺し合うのではなく、愛し合おう(Make Love, Not War)」という言葉が書かれていた。

 マーベルとDCで畑は違うが、どうやらこのツーショット写真は、世界平和のために戦う女性スーパーヒーローを演じる2人からのメッセージだったよう。

 ちなみに、この写真は米現地時間2月9日に開催された、第92回アカデミー賞授賞式のバックステージで撮影されたもの。

画像: 偉大なヒーロー2人からのメッセージとは?

 映画『エイリアン』のシガニー・ウィーバーとともに、作曲賞のプレゼンターを務めたブリーとガルは、ここでも協力して給与や雇用機会など、あらゆる面において男女格差が根強く残るハリウッドを皮肉る内容のやりとりを披露し、重要なメッセージを発信していた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.