デザイナーとしても活躍するリアーナが、自身のファッションブランドであるフェンティ(Fenty)のアイテムの視察のために日本に来ていたことを明かした。(フロントロウ編集部)

リアーナが徳島に上陸

 リアーナは2019年5月にルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)やディオール(Dior)、ジバンシィ(Givenchy)、FENDI(フェンディ)、CELINE(セリーヌ)など数多くの人気ブランドを展開する世界最大のファッション企業であるLVMH社傘下のブランドとしては初めてとなる非白人女性によるブランド、フェンティ(Fenty)を設立。リアーナ自ら監修したフェンティは、その後パリ、ロンドン、ニューヨークなどでポップアップストアを成功させ、セレブの間でも着用している人が多いほど人気が高まっている。

画像: リアーナが徳島に上陸

 じつはフェンティと日本は、強い絆で結ばれている。ファーストコレクションとしてお披露目され現在も人気アイテムとして販売されているデニムアイテムに、日本のデニムが用いられたり、初めてのデザインアイテムには古代日本画が採用されたりと、フェンティは日本文化に強く影響を受けている。

 実際にリアーナは徳島にある染色工場を訪れており、その時の様子が公開された。

 工場でリアーナは、藍で染色を作る工程を見学したのはもちろん、藍染めの原料となる藍と一緒に記念撮影し、実際に自らエプロンをつけて藍染にもチャレンジ。そして最後には工場の人に「ありがとうございます」と日本語で感謝を述べ、「みんな最高だわ」と働く人たちを褒めたたえた。

リアーナが訪れた藍染の工場とは?

 リアーナが訪れたのは、藍染で使う藍の栽培から仕上げまでを行なうBUAISOUというグループのスタジオ。世界から注目されているBUAISOUは、ニューヨークやロサンゼルスなどでワークショップを開いているほか、トリーバーチ(Tory Burch)とコラボしてカプセルコレクションを発表しており世界的にも評価が高い。

 BUAISOUに足を運んだセレブはリアーナが初めてではなく、じつはカニエ・ウェストも2019年4月にBUAISOUを訪れており、日本での滞在期間はわずかだったにもかかわらず徳島まで足を運び藍染の工場を見学した。

 親日家と言われ年に1度はお忍びで来日しているリアーナ。来日中は遊んでいるだけではなく、こうして次のビジネスにつなげるために下調べして様々なところを訪れていることがわかった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.